home 拡大写真一覧表 ★ 2003 新幹線から富士・伊東温泉 | ★ 2006 湯の花温泉 | ★ 2007 沖縄・美ら海水族館 |          ★ 2008 「浜松・蒲郡」 | ★ 2009 「静岡の旅・」 | ◆ 2010【名古屋城・トヨタテクノ】 | ◆ 2011【三谷温泉・蒲郡】 | ◆ 2012【花のいえ・嵐山】 | ★ 2013 【恵那峡】 | ★ 2014 { 京都植物園 } _ | ★ 2015 奇岩游仙境(国指定名所)の那谷寺 | ★ 2015 日本自動車博物館 mmj_car  | ★ 2016 ★信州諏訪の旅  その@ | ★ 2017 ★ 名勝 無鄰菴 NO.1  ’17   42枚 | ★ 2017 ★ 名勝 無鄰菴 NO.2  ’17   40枚 |
パーマ宮殿とポルトガルの立体写真<交差他>と普通写真 (GoogEarthより) 2018-4-15

世界の宮殿  こちらも是非ご覧ください へ!
                         <

★ 世界の 10宮殿のスライドを作成した時、「パーナ宮殿」という正にお伽の国から抜け出した様な画像に執りつかれました。 その建築物を中心に近辺の宮殿等を追加してアルバムにしました。

・普通7枚、立体5枚ですが、立体は勿論、普通写真としても観られます。 立体はGoogleEarthの画像を左右2枚の写真にcopyして作成しましたが普通写真はその他Webからも借用してますが、著作権の問題もありますが、商用でなく個人閲覧用に編集しています。。 。  。
    
サムネイル画像をクリックして、その後は右クリックにて次に進むか でご覧ください。


●立体専用HTML5 Stereo Viewerへ

★ 右下の広告は、消去できます。「Ads b TOK2」 へカーソルを持って行き「×」をクリックします。

見たよ!だけでも結構です。ここから”樂書き”掲示板へ是非ご投稿ください。


    ◆ 補足説明

   ペーナ宮殿は、ポルトガルの首都・リスボン近郊の都市シントラの南郊外、岩山の上に建つ宮殿。晴れた日にはリスボン首都圏を見渡せる立地。 元は修道院であり、14世紀末から15世紀初めに当時のポルトガル王マヌエル1世によって建立されたものを基礎としている。 この修道院は18世紀前半に落雷に遭い損傷。さらに1755年のリスボン大地震で壊滅的被害を負って放棄され、廃墟と化した。 その後1836年にポルトガル女王・マリア2世の王配フェルナンド2世(のちポルトガル王)がこの廃墟を訪れて一目惚れし、夏の離宮として再建した。 1910年の共和革命で共和制になって以降は博物館として一般に開放されている。 19世紀のロマン主義を象徴する宮殿として有名で、宮殿の内外は様々な建築・装飾様式が入り混じり、色もカラフルに彩られている。 1995年にシントラ宮殿やレガレイラ宮殿などシントラ周辺の歴史的建築物とともに「シントラの文化的景観」として世界文化遺産に登録された。           作成中。
★ 右下の広告は、消去できます。「Ads b TOK2」 へカーソルを持って行き「×」をクリックします。

このカウンターは全てのページの全てのアクセスの総数です!
Ads by TOK2