home                          裸眼立体視の訓練・習得方法                                                                 裸眼立体視の方法付(私の練習帖 B)

(( 交差・平行法 )) 世界の斬新な建築物の立体写真 QPON高画質立体写真ツール集No.番外編
1960 年代の宇宙時代に建てられた住宅から、現代的な超高層ビルまで、世界中の斬新な建物を探索しましょう。

<<この交差法・平行法習得スライドの使い方>>

@ 先ず1番の画像をクリックしてください。画面を最大□にしてください。
 初期設定は交差法・幅寄式になっていますが、左上縮小式に変えると縦横比例した拡大(とマウス左を押し続る)
縮小(はマウス右を押し続る)が出来ます。 次の画像に進むには右ダブルクリックが良いと思います。
交差法のヒント・・・・・鼻の前に指一本たてそれを見ながら画面を見る。

★ 私の平行法のやり方は、左上のボタンで平行法と縮小式に変えます。右ボタンを押し続けると最小(切手位)になります。
 その小さい画面に顔を出来るだけ近づけて(30cm以内)、一旦画面外の上部を見て、
その眼のままで下に移動して画像を 見るとぼんやり3つの画像になりますので、じっと眺めて顔を前後に調節すると焦点が合ってきます。
顔の位置は5,60cm位にして、左ボタンで拡大し見えるところまで 大きくします。
左右のボタンで大きさを調整。右ダブルクリックで次の画像へ。顔の位置を前後に動かす等試してください。



このカウンターは全てのページ
Ads by TOK2