桜と長芋の牛乳寒

■マリンレシピ/デザート/和菓子/冷菓/桜/長芋/寒天

長芋は独特の上品な甘さがあり、それでいて癖がないので和菓子の材料として多く使われます。桜餡を混ぜ込み、春らしいお菓子にしました。牛乳に生クリームやコンデンスミルクを加えたので、洋菓子にようなまろやかさも楽しめます。
軽い仕上がりで、和洋折衷の美味しいお菓子になりました。

 ■材料(約カップ8個分)
長芋・・・・・・・・・・・・250g
桜餡・・・・・・・・・・・・250g
寒天・・・・・・・・・・・・1本
低脂肪牛乳・・・・・・・・・300g
生クリーム・・・・・・・・・100cc
コンデンスミルク・・・・・・大さじ4
砂糖・・・・・・・・・・・・100g
ズブロッカ・・・・・・・・・大さじ1
●トッピング
アガー・・・・・・・・・・・小さじ1
水・・・・・・・・・・・・・200cc
ズブロッカ・・・・・・・・・小さじ2
砂糖・・・・・・・・・・・・小さじ2
スイート桜ティー・・・・・・2パック
 
 ■作り方

1. 寒天を30分ほど水に浸し、もどす。
2. 長芋は皮をむかずにラップで包み、電子レンジで10分から12分ほど、串を刺してスッと通るくらいまで加熱する。
3. 火傷に気を付けながら長芋の皮をむき、桜餡、コンデンスミルクと一緒にフードプロセッサーにかけ、ペースト状にします。
4. 寒天をよく絞って水気をきり、鍋に牛乳と一緒に入れ、ゆっくりと煮溶かします。
5. 寒天が溶けたら生クリームと砂糖を加え、再び加熱し、沸騰させてから火を止める。
6. 53の長芋と桜餡のペースト、ズブロッカを加え、ムラがないようよくかき混ぜます。
7. 器に6を流し込み、あら熱が取れるまで放置しておきます。
■トッピング
8. アガーと砂糖をボウルに入れ、熱湯を加え、だまができないようよくかき混ぜます。
9. 8にスイート桜ティーとズブロッカを加え、軽く沸騰させたら火からおろし、あら熱が取れたら静かに7の上に注ぎます。1カップに1つの、桜の花が入るようにします。
10. 冷蔵庫で1時間ほど冷やして完成。

 ▲メモ
●通常水で煮溶かす寒天ですが、牛乳で煮溶かすため、低脂肪牛乳を使いました。
桜あんは「CUOCA」という製菓材料店で売られているのを見つけました。自由が丘店、新宿店にもおいてありますが桜の頃の季節限定品。ネットショッピングもあります。私は毎年買って冷凍保存しています。
スウィート桜ティーは、アルミパックに入った桜の梅酢漬けで、こちらも桜の季節になると大型スーパーや紅茶を扱うお店などで売られます。お祝いの時に飲む桜茶のようにしょっぱくないので、お菓子作りによく使います。
ズブロッカはスピリッツのひとつです。中に入っている「バイソングラス」の香りが、なぜか桜の葉に似ているので、桜のお菓子を作るときには愛用しています。

HOME ABOUT ME(プロフィール) CONTACT(お問い合わせ・メール) CAPINO(本体) LINK
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
■お問い合わせ、ご感想などはCONTACTからメールでお願いします。林真理の水彩画作品は、Mari Watercolor CafeCAPINOでご覧ください。
●掲載のレシピ、写真についてのお問い合わせ、取材のお申し込み、ご感想などは、林 真理へお寄せください。
■ページのトップへ               08.04.2003--(C) CAPINO in Tokyo Japan


Ads by TOK2