パンプキンタルト

■マリンレシピ/デザート/洋菓子/焼き菓子/カボチャ/アメリカ

信州の義父母が毎年作っカボチャをくれるのですが、今年のは本当に美味しくびっくりです。
切って蒸し上げたあとバターを落とすだけで充分美味しい信州産カボチャ。カボチャの自然な甘みとタルト部分のコクがマッチした美味しさ。いくらでも食べられそうな後引く味です。作っておけば忙しい朝の朝食代わりにもなりますよ。

 ■材料(18cmパイ皿1台分)

●タルト型分
小麦粉・・・・・・・・・・・125g
バター・・・・・・・・・・・60g
砂糖・・・・・・・・・・・・45g
卵黄・・・・・・・・・・・・1個分
牛乳・・・・・・・・・・・・大さじ1
●中身分
カボチャ・・・・・・・・・・1/4個
牛乳・・・・・・・・・・・・100cc
クリームチーズ・・・・・・・50g
コンデンスミルク・・・・・・大さじ4
卵・・・・・・・・・・・・・1個
シナモン・・・・・・・・・・小さじ1
ラム酒・・・・・・・・・・・小さじ1

 

 ■作り方
1. タルト台を作る。
  室温に戻しておいたバターに、砂糖をすり混ぜクリーム状にする。溶いた卵黄を少しずつ混ぜ、分離しないようにクリーム状にする。
2. 小麦粉を混ぜて、牛乳を加え、耳たぶくらいの硬さにまとまったところでラップをして冷蔵庫で30分ほど寝かせる。
3. 冷蔵庫から取り出した1を3mmほどの厚さに伸ばし、型に敷き込み、250度のオーブンで10分ほど焼く。
4. カボチャを厚さ5ミリ、2センチ幅くらいに切る。鍋に牛乳とカボチャを入れて柔らかくなるまで10分ほど煮る。
5. 4と卵、コンデンスミルク、クリームチーズ、シナモン、ラム酒をフードプロセッサーにかけてペースト状にする。
6. 焼き上がった24を流し込み、250度で20分ほど、表面が焦げないように注意しながら焼く。
  串を刺して、なにも付いてこなければ焼き上がり。
 ▲メモ
●カボチャは甘さに差があるので、砂糖はカボチャや好みに合わせて加減してください。

HOME ABOUT ME(プロフィール) CONTACT(お問い合わせ・メール) CAPINO(本体) LINK
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
■お問い合わせ、ご感想などはCONTACTからメールでお願いします。林真理の水彩画作品は、Mari Watercolor CafeCAPINOでご覧ください。
●掲載のレシピ、写真についてのお問い合わせ、取材のお申し込み、ご感想などは、林 真理へお寄せください。
■ページのトップへ                 08.04.2003--(C) CAPINO in Tokyo Japan


Ads by TOK2