マロンムース

■マリンレシピ/デザート/冷菓/栗

山栗は小さくて扱いが大変ですが、栽培種にはない濃厚な旨味を持っていて、一度味わうと忘れられなくなります。
その天然の山栗の力強い味を堪能するシンプルなモンブランです。
スポンジや焼いたメレンゲを敷かず、グラハムクッキー(全粒粉小麦のクッキー)で香ばしさを加えました。

 ■材料(ココット4個分)

●ビスケット台
グラハムクッキー・・・・・・3枚
バター・・・・・・・・・・・30g
ブラウンシュガー・・・・・・大さじ2
●マロンクリーム
山栗ゆでて皮を剥いたもの・・200g
生クリーム・・・・・・・・・50cc
バター・・・・・・・・・・・15g
コンデンスミルク・・・・・・大さじ2
砂糖・・・・・・・・・・・・大さじ1
ラム酒・・・・・・・・・・・大さじ1
バニラビーンズ・・・・・・・1/4本分
●トッピング
アーモンド・・・・・・・・・4粒
粉糖・・・・・・・・・・・・適量
金箔・・・・・・・・・・・・適量

山栗は粒が小さいので、皮を剥いてから煮るのは困難です。
●山栗の煮方
1. 山栗をボールに入れ洗い、水につけてひと晩おく。
2. たっぷりのお湯でゆがく。
  (私は、沸騰させてから魔法鍋に入れて30分おきます)
3. 半分に割って実をかきだします。

 ■作り方
1. グラハムクッキーを粉々になるまでビニール袋の中で砕き、袋から取りだしフライパンに入れて、バター砂糖を一緒に煎る。
  4等分して型のココットの底に敷き詰める
2. フードプロセッサーにゆで栗、室温に戻したバター、コンデンスミルク、ラム酒、シナモンを入れてペースト状になるまで回す。
3. ボウルに生クリームと砂糖を入れて、8分立てになるまで泡立てる。ペースト状になった2とよく混ぜ合わせる。
4. 1の器の中に3を流し込み、冷蔵庫で1時間ほど冷やす。
5. 冷蔵庫から取りだし、ココットの半分を覆って粉糖をふり、アーモンドと金箔をのせて完成。
 ▲メモ
●山栗味を楽しむお菓子なので、生クリームやバターはとても控えめです。2004年は例年になく山栗が豊作で、拾い集めただけで充分楽しんだので、市販の栗は買いませんでした。約1000粒ほど拾ってきたでしょうか。小さな山栗の一粒一粒の皮から、無駄なくほじくり出すのを手伝ってくれた、家族の根気に感謝しました。

HOME ABOUT ME(プロフィール) CONTACT(お問い合わせ・メール) CAPINO(本体) LINK
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
■お問い合わせ、ご感想などはCONTACTからメールでお願いします。林真理の水彩画作品は、Mari Watercolor CafeCAPINOでご覧ください。
●掲載のレシピ、写真についてのお問い合わせ、取材のお申し込み、ご感想などは、林 真理へお寄せください。
■ページのトップへ                 08.04.2003--(C) CAPINO in Tokyo Japan


Ads by TOK2