サツマイモタルト

■マリンレシピ/デザート/オーブン料理/焼き菓子/タルト/野菜/薩摩芋

サツマイモは、堀りたてよりも陽に当てて少し乾かした方が甘くなります。長野の実家から毎年送られてくるサツマイモはビックリするくらい甘く、蒸しただけでも充分な糖度です。天然の甘さを活かしたヘルシースウィーツです。

 ■材料(18cmパイ皿1台分)

サツマイモ・・・・・・・・200g
卵・・・・・・・・・・・・1個
生クリーム・・・・・・・・50cc
バター・・・・・・・・・・15g
コンデンスミルク・・・・・大さじ2
ラム酒・・・・・・・・・・大さじ1
バニラビーンズ・・・・・・1/4本分

●タルト型分
小麦粉・・・・・・・・・・・125g
バター・・・・・・・・・・・60g
砂糖・・・・・・・・・・・・45g
卵黄・・・・・・・・・・・・1個分
牛乳・・・・・・・・・・・・大さじ1

 ■作り方
●タルト台を作る。
1. 室温に戻しておいたバターに、砂糖をすり混ぜクリーム状にする。溶いた卵黄を少しずつ混ぜ、分離しないようにクリーム状にする。
2. 小麦粉を混ぜて、牛乳を加え、耳たぶくらいの硬さにまとまったところでラップをして冷蔵庫で30分ほど寝かせる。
3. 冷蔵庫から取り出した1を3mmほどの厚さに伸ばし、型に敷き込み、250度のオーブンで10分ほど焼く。
●中身を作る
4. サツマイモを皮付きのまま蒸す。
5. 串を刺してスッと通るようになったら取りだし皮を剥く。
6. フードプロセッサーに5のサツマイモ、卵、バター、コンデンスミルク、生クリーム、ラム酒、シナモンを入れてペースト状にする。
7. 3の器の中に6を流し込み、天板に載せ、200度のオーブンで30分ほど焼く。
  途中焦げないようにアルミ箔などで覆う。
8. 串を刺して、何もついてこなければ焼き上がり。
9. 粉糖をかけてできあがり。
 ▲メモ
●プディング部分の甘味には砂糖を使用せず、コンデンスミルクで甘さと一緒にコクを出しました。サツマイモの甘さによって、砂糖の量は調節してください。

HOME ABOUT ME(プロフィール) CONTACT(お問い合わせ・メール) CAPINO(本体) LINK
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
■お問い合わせ、ご感想などはCONTACTからメールでお願いします。林真理の水彩画作品は、Mari Watercolor CafeCAPINOでご覧ください。
●掲載のレシピ、写真についてのお問い合わせ、取材のお申し込み、ご感想などは、林 真理へお寄せください。
■ページのトップへ                 08.04.2003--(C) CAPINO in Tokyo Japan


Ads by TOK2