牡蠣とネギとホウレン草のチヂミ

■マリンレシピ/エスニック料理/魚介類/牡蠣/長ネギ/ホウレン草/韓国

日本でもおなじみの「チヂミ」は、慶尚道の方言で、一般にはプチムゲといいます。日本でもニラを入れたり、長ネギを入れたりした「おやき」や「お好み焼き」があります。中国には餅(ビン)と呼ばれる料理がありますが、それと起源は同じだろうと思われます。長ネギを使ったものを「パジョン」、キムチを使うと「キムチチヂミ」、緑豆を使ったチヂミは「ピンデトッ」。
レシピでは、日本でお馴染みのチヂミという言葉を使いましたが、今回のように海産物と長ネギを使ったものは、「ヘムルパジョン」というそうです。牡蠣の旨味を堪能する韓国のおやきです。

 ■材料(4人分・20センチ2枚分)
牡蠣・・・・・・・・・・・・・12個
長ネギ・・・・・・・・・・・・2本
ホウレン草・・・・・・・・・・1〜2株
中力粉・・・・・・・・・・・・大さじ16
米粉・・・・・・・・・・・・・大さじ4
卵・・・・・・・・・・・・・・2個
塩・・・・・・・・・・・・・・小さじ1/2
水・・・・・・・・・・・・・・200cc
ゴマ油・・・・・・・・・・・・大さじ1

●タレ
しょう油・・・・・・・・・・・50cc
酢・・・・・・・・・・・・・・大さじ1
味醂・・・・・・・・・・・・・大さじ1
ゴマ油・・・・・・・・・・・・大さじ1
コチジャン・・・・・・・・・・小さじ1
韓国豆板醤・・・・・・・・・・小さじ1
摺りゴマ・・・・・・・・・・・小さじ1
 以上をよく混ぜる。

 ■作り方
1. 牡蠣を塩でよく洗い、ボウルにあげておく。2個をみじん切りにする。(つけ汁も使う)
2. 長ネギは、斜めにざく切り、ホウレン草は、4センチぐらいに切る。
3. ボウルに中力粉、米粉、卵、塩を入れ、水を入れてだまにならないように混ぜる。
4. 312を加えてさっくりと混ぜる。
5. 熱したフライパンにゴマ油を入れ、4の半量を入れて焼く。火加減は、やや強めの中火。
6. 焼き目がついたらひっくり返して焼き、焼き上がったらできあがり。
●食べ方
切り分け、タレをつけながらいただく。
 ▲メモ
●具を混ぜずに、ネギを敷き、ホウレン草を加え、牡蠣を並べ、粉を流して上から溶き卵をかけて焼くという調理法もあります。お好みで。
タレは、上記にタマネギや、ニンニク、青唐辛子などを好みで加えてオリジナルのタレを作ってください。米粉を入れると、皮はパリッと中はモチットロッとした美味しいチヂミができます。

HOME ABOUT ME(プロフィール) CONTACT(お問い合わせ・メール) CAPINO(本体) LINK
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
■お問い合わせ、ご感想などはCONTACTからメールでお願いします。林真理の水彩画作品は、Mari Watercolor CafeCAPINOでご覧ください。
●掲載のレシピ、写真についてのお問い合わせ、取材のお申し込み、ご感想などは、林 真理へお寄せください。
■ページのトップへ                 08.04.2003--(C) CAPINO in Tokyo Japan


Ads by TOK2