鶏ゴボウの中華風炊き込みご飯
■マリンレシピ/中華料理/炊き込みご飯/鶏もも肉/鶏レバー/砂肝/野菜/牛蒡/人参/八角/家庭料理

本格的に「中華ちまき」を作るとなると結構大変ですが、これなら簡単。しかも美味しい。スターアニス(八角)をひとつ入れるのがポイント。これで中華ちまきのような風味になります。
炊きあがったら、刻み海苔をふり、ピータンを添えます。
鶏レバーを入れたことでコクが出ます。時々あたる砂肝のコリッとした歯ごたえもいいアクセント。
子供達にも大好評で、なんと三杯もお代わりしました。
 ■材料(4〜5人分)
●煮汁
水・・・・・・・・・・・・600cc
干し貝柱(こわれ)・・・・大さじ1
昆布・・・・・・・・・・・6センチ
干し椎茸・・・・・・・・・1個
しょう油・・・・・・・・・大さじ3
中華スープの素・・・・・・適量
しょう油・・・・・・・・・大さじ3
味醂・・・・・・・・・・・大さじ2
紹興酒・・・・・・・・・・大さじ1
スターアニス(八角)・・・1個
ショウガ・・・・・・・・・1片

●具
鶏もも肉・・・・・・・・・200g
鶏レバー・・・・・・・・・50g
砂肝・心臓・・・・・・・・50g
ゴボウ・・・・・・・・・・15センチ
ニンジン・・・・・・・・・1/2本
マイタケ・・・・・・・・・50g
エノキダケ・・・・・・・・50g

米・・・・・・・・・・・・4カップ
もち米・・・・・・・・・・1カップ
五穀米・・・・・・・・・・大さじ1
水・・・・・・・・・・・・適量
塩・・・・・・・・・・・・適量

刻み海苔・・・・・・・・・適量
ピータン・・・・・・・・・1〜2個
●出汁用の昆布と干し椎茸は、細く切って水で出汁をとり、そのまま炊きあげて食べてしまいましょう。それが家庭料理です。もったいないの心だと思います。紹興酒がなければ日本酒でも可。干し貝柱は、干しエビでもOK。鶏でなく豚のバラ肉でも美味です。ボリュームも出ます。

●中華スープの素は、製品により塩分量が異なるので適量としてあります。顆粒タイプや濃縮の液状のもの、練り状のものなど色々あります。添加物のないものもありますので、探してみてください。私は、中華街でお店特製の瓶詰めのものや、顆粒状のものを買い求めています。もちろん、鶏豚合い挽き肉と長ネギ、ショウガ、ニンニクで、実際にスープを作ってもOKです。
 ■作り方
●下準備
1. 米・もち米を洗ってあらかた水を切り、後から五穀米も炊飯器に入れて1時間ほどおく。
2. 具を作る鍋に水600cc、ほぐした貝柱・小さく切った昆布と干し椎茸、ショウガを入れ1時間ほどおき出汁をとる。

●具を煮る
1. 具を作る鍋に水を入れ、火を付け、沸騰したら味醂、紹興酒を入れてアルコールを飛ばし、中華スープの素、しょう油を入れる。
2. 一口大の鶏もも肉・さらに小さく切った鶏レバー・砂肝・心臓を入れる。スターアニスを入れる。
3. 2の鍋に、ゴボウとニンジンを笹がきにして入れる。
3. マイタケは、手でさいて小さく千切り、エノキダケは15ミリぐらいに切って入れる。
4. そのまま冷ましておく。(後で炊きあげるので煮る必要はない)
  (炊飯器によっては熱いままだと炊飯ができないものもあるので、具を入れて冷ましておく)
●炊く 
1. 炊飯器の米に、まず具の汁だけを入れ、規定の分量に足りなければ水を足し、また塩分が足りないようなら塩を加える。
2. 1に具を加え、ご飯を炊く。(具の水分もあるので、水はやや控えめに)
3. 器に盛り、好みで刻み海苔海苔をふり、スライスしたピータンをそえていただく。
 ▲メモ
●キノコは金気を嫌うので、切るならばセラミック包丁で。ホタテの貝柱は、こわれで充分です。また、粉末にしたものも売られています。ハマグリの出汁粉でもOKです。オススメの隠し味です。しょう油はお好みで薄口か濃い口を。取り合わせの野菜の種類や、分量はお好みで。
刻み海苔とピータンがとても合います。冷めたものはおにぎりにして海苔を巻いても美味。お弁当にもピッタリ。

HOME ABOUT ME(プロフィール) CONTACT(お問い合わせ・メール) CAPINO(本体) LINK
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
■お問い合わせ、ご感想などはCONTACTからメールでお願いします。林真理の水彩画作品は、Mari Watercolor CafeCAPINOでご覧ください。
●掲載のレシピ、写真についてのお問い合わせ、取材のお申し込み、ご感想などは、林 真理へお寄せください。
■ページのトップへ                 08.04.2003--(C) CAPINO in Tokyo Japan
Ads by TOK2