大根の鮑ソース煮

■マリンレシピ/中華料理/煮もの/大根/鮑ソース

箸で切れるくらいやわらかく煮た大根。
さっぱりした中に凝縮した鮑ソースの旨味が感じられ、年輩の方や小さな子供にも喜ばれます。思わず表情がゆるむ格別の美味しさですよ。
 ■材料(2〜4人分)

ダイコン・・・・・・・・・・3〜4センチの厚さで2個
水・・・・・・・・・・・・・200cc
アワビソース・・・・・・・・大さじ1
鶏ガラスープの素・・・・・・小さじ1
ホタテパウダー・・・・・・・小さじ2
酒・・・・・・・・・・・・・大さじ1
塩・コショウ・・・・・・・・少々
水溶き片栗粉・・・・・・・・適量
キヌサヤ・・・・・・・・・・6個

●これは味の濃い地大根の煮方です。普通の青首ダイコンの場合は、下茹でで煮すぎると味がなくなってしまうので固茹でにして、出汁で煮る時間を長くしてください。その場合は煮つまる量の水を増やしてください。家庭料理ですから皮もむきません。
アクの強いダイコンは、米のとぎ汁で煮るか、米をひとつかみ入れて煮てください。
●鮑ソースは、中華食材店で買えます。
 ■作り方
1. ダイコンは串を刺してスッと通るくらいやわらかく下茹でしておく。塩を入れた熱湯で、キヌサヤをさっとゆでておく。
2. ニンジン、えのき茸、戻した椎茸、ネギは千切りに、ショウガはみじん切りにしておく。
3. 鍋に水、アワビソース、鶏ガラスープの素、ホタテパウダー、作を入れ煮立て、塩、コショウで味を調え、1のダイコンを入れて弱火で5分ほど、上下をひっくり返しながら煮る。
4. 火から下ろし室温で冷ます。この時も上下を返し、まんべんなく味が染み入るようにする。
5. 4から大根だけ皿に盛り、残った煮汁に水溶き片栗粉を加え、とろみを付ける。
6. 皿に盛った大根に5のタレをかけ、ゆでて置いたキヌサヤを飾って完成。
 ▲メモ
●冷ますことで味が染み入ることを利用した料理です。このことで大根の甘みも消されず、じっくりとした美味しさになります。下ゆでの時に充分やわらかくしておくことがコツです。鮑ソースを使うと一気にプロの味になります。

HOME ABOUT ME(プロフィール) CONTACT(お問い合わせ・メール) CAPINO(本体) LINK
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
■お問い合わせ、ご感想などはCONTACTからメールでお願いします。林真理の水彩画作品は、Mari Watercolor CafeCAPINOでご覧ください。
●掲載のレシピ、写真についてのお問い合わせ、取材のお申し込み、ご感想などは、林 真理へお寄せください。
■ページのトップへ                 08.04.2003--(C) CAPINO in Tokyo Japan

Ads by TOK2