ノビル餃子

■マリンレシピ/中華料理/粉もの/豚肉/ひき肉/ノビル

ノビル餃子を作りましょう。りん茎は一年中あるので利用しやすい野草です。アサツキは茎の断面が丸ですが、ノビルは三日月なので区別がつきます。
ヌタが一般的な食べ方ですが、ノビルの餃子は絶品です。
野草の持つ甘さとパワーがみなぎった美味しい一品です。生で食べると胸焼けするノビルも、こうして火を入れると甘さも増して食べやすくなります。
日本全国津々浦々どこでも採れる美味しいノビルを放っておく手はありません。
 ■材料(4人分)
●皮
中力粉・・・・・・・・・・800g
水・・・・・・・・・・・・320〜360cc
塩・・・・・・・・・・・・小さじ2
●具
豚ひき肉・・・・・・・・・300g
ノビル・・・・・・・・・・500g
タマネギ・・・・・・・・・小1個
キャベツ・・・・・・・・・5枚
ニンニク・・・・・・・・・3片
摺りおろしショウガ・・・・小さじ1
合わせ調味料・・・・・・・大さじ1
●合わせ調味料
1 ニンニク醤油・・・・・・・小さじ1
2 ホタテパウダー・・・・・・小さじ1
3 鶏出汁の素・・・・・・・・小さじ1
4 牡蠣油・・・・・・・・・・小さじ1
5 紹興酒・・・・・・・・・・50cc
6 コショウ・・・・・・・・・少々

●つけダレ
しょう油、酢、ラー油、合わせ調味料を好みの割合で。
 ■作り方
●皮
1. 中力粉に水と塩を入れ、よく練る。ビニール袋に入れ、折りたたみながら踏む。
2. 乾燥しないようにビニール袋の縁を折って、1時間ほど寝かす。
3. 12を2回ほど繰り返す。
●具 
1. ボウルに合わせ調味料の材料を入れよく混ぜておく。
2. 1にひき肉を入れよく揉み込む。
3. ノビル、キャベツは粗みじん、タマネギ、ニンニクはみじん切りにする。
4. 32に加えてよく混ぜる
5. 平らに整えてなじませる。
●餃子作り
1. 製麺機で皮をのばす。
2. 厚さが1ミリぐらいになったら丸くくりぬく。
3. 具をのせて包む。
4. 片栗粉をしいた皿かバットにきれいに並べる。
●焼き
1. 熱したフライパンに油をひき、すき間なく餃子を並べる。
2. 少し焼きめがついたら、お玉2杯半の沸騰した湯をそそぎ入れる。
3. フタをして、中火と弱火の間で15分ぐらい蒸し焼きにする。
4. 約15分たったら、ふたを開け、やや火を強くして水分をとばす。余分な水分があったら捨てる。
5. フライパンをゆすりながら根気よく焼きめがつくのを待つ。
  (完全にフライパンから餃子がはなれるようになったら、焼き目がパリパリになったしるし)
6. 大皿にひっくり返してできあがり。
 ▲メモ
●ノビルは有史以前に中国から帰化した植物で、「古事記」にも登場するなど昔から利用されてきました。栄養も豊富な他に薬効もあり、強壮、食欲増進、健胃、鎮咳、整腸、保温、虫さされに効果があるといわれています。採るときは間引きするように採りましょう。一箇所からすべて採るようなことは避けたいものです。旬は、やはり葉の柔らかい春です。

HOME ABOUT ME(プロフィール) CONTACT(お問い合わせ・メール) CAPINO(本体) LINK
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
■お問い合わせ、ご感想などはCONTACTからメールでお願いします。林真理の水彩画作品は、Mari Watercolor CafeCAPINOでご覧ください。
●掲載のレシピ、写真についてのお問い合わせ、取材のお申し込み、ご感想などは、林 真理へお寄せください。
■ページのトップへ                 08.04.2003--(C) CAPINO in Tokyo Japan

Ads by TOK2