豚肉とアピオスのコショウ炒め

■マリンレシピ/中華料理/肉料理/豚肉/ほど芋/マイタケ/牡蠣ソース

西洋料理で鯛とアピオスのカルパッチョやニョッキ、ヴィシソワーズをご紹介しましたが、油との相性もいいので中華炒めにしてみました。かき油とニンニクしょう油の香ばしさ、ピリッと辛い黒コショウでご飯がすすむ一品です。
アピオスは、あらかじめ素揚げか多めの油で炒めておくのがポイントです。甘みがでて大変美味しくなります。
 ■材料(4人分)

豚肩ロース(薄切り)・・・250g(牛肉でもOK)
アピオス・・・・・・・・・100g
マイタケ・・・・・・・・・250g
ショウガみじん切り・・・・1片分
ニンニクみじん切り・・・・1片分
カキ油・・・・・・・・・・大さじ1
紹興酒(酒)・・・・・・・小さじ1
ニンニク醤油・・・・・・・小さじ1
粗挽き黒コショウ・・・・・多め
サラダ油・・・・・・・・・適量

●アピオスは皮付きのまま使います。
 ■作り方

1. フライパンに多めの油を入れ、アピオスを炒める。串を刺してすっと通れば、フライパンから取り出しておく。
2. 豚肩ロースとマイタケをを一口大に切っておく。
3. サラダ油大さじ2でショウガ、ニンニクを炒め、豚肉を入れて炒める。
4. 豚肉に火が通ったらマイタケを入れ、すぐにアピオスを入れる。
5. 紹興酒を入れてアルコールを飛ばし、カキ油を入れて炒める。
6. 粗挽き黒コショウを多めに入れ、ニンニクしょう油をまわりから流し入れて全体をよく混ぜてできあがり。

 ▲メモ
●炒めものですから、手際よくがポイントです。炒め油は少ないと水っぽくなります。炒め油は多めの方が、水分を中に閉じこめてさっぱりと仕上がります。高温で一気に仕上げてください。肉にしょう油、酒、カタクリ粉で下味を付けてもかまいません。お好みでXO醤や豆板醤を使ってもいいでしょう。
●アピオスは、朝鮮ニンジンの主成分であるサポニンが多く含まれている他、カルシウム、鉄分、食物繊維、タンパク質が豊富。イモ類にはあまり含まれていないビタミンEも含まれます。北アメリカ原産のマメ科の植物で、日本にはリンゴの苗と一緒に偶然に入ってきたのだそうです。ほのかにピーナッツの香りがします。食感はきめの細かいメークインという感じでしょうか。花はお茶にもなるそうです。

HOME ABOUT ME(プロフィール) CONTACT(お問い合わせ・メール) CAPINO(本体) LINK
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
■お問い合わせ、ご感想などはCONTACTからメールでお願いします。林真理の水彩画作品は、Mari Watercolor CafeCAPINOでご覧ください。
●掲載のレシピ、写真についてのお問い合わせ、取材のお申し込み、ご感想などは、林 真理へお寄せください。
■ページのトップへ                 08.04.2003--(C) CAPINO in Tokyo Japan

Ads by TOK2