豚バラ肉のプーアル茶煮

■マリンレシピ/中華料理/煮込み料理/豚バラ肉/プーアル茶

プーアル茶効果で、トロトロの角煮ができあがります。
プルーンを入れることでお肉がさらに柔らかくなります。
中国茶に限らず、お茶をもっと料理に使いたいですね。

 ■材料(4人分)

プーアル茶・・・・・・・・・大さじ1
熱湯・・・・・・・・・・・・約500cc
豚バラ肉塊・・・・・・・・・400〜500g
紹興酒・・・・・・・・・・・100cc
醤油・・・・・・・・・・・・50cc
黒砂糖・・・・・・・・・・・大さじ1
ニンニク・・・・・・・・・・2片
ショウガ・・・・・・・・・・1片
長ネギの青い部分・・・・・・2本
八角・・・・・・・・・・・・1個
シナモン・・・・・・・・・・1本
プルーン・・・・・・・・・・1個
山椒粒・・・・・・・・・・・小さじ1/2
コショウ・・・・・・・・・・少々

 
 ■作り方
1. プーアル茶をポットに入れ、熱湯を注ぐ。
2. 豚バラ肉を塊のまま皮の部分を下にして鍋に入れ、弱火でじっくり油を出す。
3. 2の油で、豚バラ肉のどの面にもこんがり焼き色がつくように焼き目をつける。
4. 3に紹興酒を入れ、強火にして酒気を飛ばす。再び弱火に戻し、1のプーアル茶をひたひたになるまで注ぎ、30分煮る。
5. 4に醤油、黒砂糖、ニンニク、ショウガ、長ネギの青い部分、八角、シナモン、山椒粒、プルーンを入れて、全体に味が浸みるよう肉を上下返しながら20分煮る。
6. 煮上がったら鍋の中で自然に冷まし、味を落ち着かせてできあがり。
 ▲メモ
●丼にしたりラーメンの具にしたり、家常餅(ジアチャンビン)に挟んでも美味しくいただけます。

HOME ABOUT ME(プロフィール) CONTACT(お問い合わせ・メール) CAPINO(本体) LINK
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
■お問い合わせ、ご感想などはCONTACTからメールでお願いします。林真理の水彩画作品は、Mari Watercolor CafeCAPINOでご覧ください。
●掲載のレシピ、写真についてのお問い合わせ、取材のお申し込み、ご感想などは、林 真理へお寄せください。
■ページのトップへ                 08.04.2003--(C) CAPINO in Tokyo Japan


Ads by TOK2