ホウレンソウ餃子(翡翠餃子)

■マリンレシピ/中華料理/粉もの/豚肉/ひき肉/ニラ/ホウレンソウ

大きな甘いホウレンソウが手に入ったら作ります。
別名翡翠餃子。
ホウレンソウの緑が目にも鮮やかで食欲をそそります。
もちろん栄養もあるのでおすすめです。
中に生牡蠣を巻き込んでも美味しい。

 ■材料(4人分)

●皮
中力粉・・・・・・・・・・800g
水・・・・・・・・・・・・220〜260cc
ホウレンソウの汁・・・・・100cc
塩・・・・・・・・・・・・小さじ2
●具
豚ひき肉・・・・・・・・・300g
ニラ・・・・・・・・・・・2束
タマネギ・・・・・・・・・1個
キャベツ・・・・・・・・・1/2個
長ネギ・・・・・・・・・・1本
摺りおろしショウガ・・・・小さじ1
合わせ調味料・・・・・・・大さじ1
豚鶏スープ・・・・・・・・小さじ1
水・・・・・・・・・・・・50cc
紹興酒・・・・・・・・・・50cc
干し椎茸・・・・・・・・・1枚
干しエビ・・・・・・・・・5個

●ホウレンソウの汁は、ホウレンソウ3束を柔らかくゆで、ミキサーにかけ、裏ごしする。
●合わせ調味料(以下の材料を適当にブレンド)
1 中国醤油(つけダレは、日本の醤油をメインで使います)
2 蝦露(シャールー)(エビのしょっつる。ナンプラーでも)
3 鎮江香酢(話題の中国酢。バルサミコ酢のようなコクと旨味があります)
4 台湾ラー油(中国山椒の香りが華やかです)
5 XO醤
6 豆板醤(辛いものと辛くないものがあります)
7 ホタテパウダー
★入れる量は好みですが、餃子は粉と野菜の旨味を味わうもの。入れすぎないようにしましょう。

●つけダレ
しょう油、酢、ラー油、合わせ調味料を好みの割合で。

 ■作り方
●皮
1. 中力粉に水とホウレンソウの汁、塩を入れ、よく練る。ビニール袋に入れ、折りたたみながら踏む。
2. 乾燥しないようにビニール袋の縁を折って、1時間ほど寝かす。
3. 12を2回ほど繰り返す。
●具 
1. 水50cc、紹興酒50ccで干し椎茸1枚、干しエビ5個をもどしておく。もどったらみじん切り。温めて鶏豚スープを溶かしておく。
2. 野菜をみじん切りにする。
3. 別のボウルで、ひき肉に合わせ調味料を入れ、肉だけをよく練る。
4. 1の鶏豚スープをいれ、野菜と合わせる。
  (野菜は、水が出てしまうので、混ぜるだけで練らないようにする)
5. 平らに整えてなじませる。
●餃子作り
1. 製麺機で皮をのばす。
2. 厚さが1ミリぐらいになったら10センチの四角に切る。
3. 具をのせて、丸めて、両端をフォークでつぶしてとめる。
4. 片栗粉をしいた皿かバットにきれいに並べる。
●焼き
1. 熱したフライパンに油をひき、すき間なく餃子を並べる。
2. 少し焼きめがついたら、お玉2杯半の沸騰した湯をそそぎ入れる。
3. フタをして、中火と弱火の間で15分ぐらい蒸し焼きにする。
4. 約15分たったら、ふたを開け、やや火を強くして水分をとばす。余分な水分があったら捨てる。
5. フライパンをゆすりながら根気よく焼きめがつくのを待つ。
  (完全にフライパンから餃子がはなれるようになったら、焼き目がパリパリになったしるし)
6. 大皿にひっくり返してできあがり。
 ▲メモ
●同じ要領で、翡翠中華麺や翡翠うどんはどうでしょう。ホウレンソウ臭さは全くないので、ホウレンソウが苦手な人でもOKです。

HOME ABOUT ME(プロフィール) CONTACT(お問い合わせ・メール) CAPINO(本体) LINK
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
■お問い合わせ、ご感想などはCONTACTからメールでお願いします。林真理の水彩画作品は、Mari Watercolor CafeCAPINOでご覧ください。
●掲載のレシピ、写真についてのお問い合わせ、取材のお申し込み、ご感想などは、林 真理へお寄せください。
■ページのトップへ                 08.04.2003--(C) CAPINO in Tokyo Japan

Ads by TOK2