魯肉焼きそば(ルーローやきそば)

■マリンレシピ/中華料理/炒めもの/粉もの/蒸し麺/ルーロウファン

写真を見て、横浜中華街を思い出した方は中華街通。
台湾家庭料理の「魯肉飯」の具を、焼きそばに包んでみました。
表面がパリパリの麺を開けたとたんに熱々の具の良い香りがただよいます。

 ■材料(4人分)

魯肉飯の具・・・・・・・・100g
小松菜・・・・・・・・・・1束(3センチに切る)
ザーサイ菜のたまり漬け・・50g(高菜漬けでも可)
もやし・・・・・・・・・・1袋
卵・・・・・・・・・・・・3個
ニンニク・・・・・・・・・2片
ショウガ・・・・・・・・・2片
蒸し中華麺・・・・・・・・4人分(焼きそば用でも可)
炒め油・・・・・・・・・・大さじ3、
ごま油・・・・・・・・・・少々
コショウ・・・・・・・・・適量
中華スープの素・・・・・・適量
カキ油・・・・・・・・・・大さじ1/2
片栗粉・・・・・・・・・・適量

魯肉が無いときは、豚の角煮や豚肉でも可。その場合は、しょう油や中華出汁などの量を増やしてください
「魯肉飯」の作り方はこちらです。

 ■作り方
1.  蒸し麺を5分間熱湯につけておく。(生麺の場合は、あらかじめゆでるか蒸しておく)
2. 炒め油にみじん切りのニンニクとショウガを入れ香りをつける。
3. 強火にして、小松菜を炒め、次にもやしを入れて炒める。
4. 1センチぐらいに切ったザーサイ菜を入れ、炒める。
5. 魯肉飯の具を入れて炒める。カキ油を入れて味見をする。塩加減を調える。コショウをふる。
  (豚の角煮や豚コマの時は、中華出汁や醤油を足して味を調える)
6. 水溶き片栗粉を少しずつ入れてとろみをつけて具のできあがり。
7. 5分たったら蒸し麺はザルに上げておく。(ゴマ油をまわして和えておく)
8. 麺を油を敷いた中華鍋かフライパンに入れ、お玉で押さえつけて、麺の表面に焼き色がついてパリッとなるまで焼き炒める。
9. 中央に具を流し込む窪みを作る。
10. 中央に6の具を流し込む。
11. 溶き卵を麺の下に流し込む。焦げないように鍋を動かし続ける。
12. 仕上げにごま油をまわして香りをつける。(両面パリパリが好みなら、ここでひっくり返して両面を焼く)
13. 大皿にひっくり返してできあがり。
 ▲メモ
●魯肉飯の具にはしょう油味がついているので、塩分は味をみながら調整してください。蒸し麺は、時間が経つとくっつきます。5分以内に炒めものを終わらせるようにしましょう。中華料理は、下準備と火力と手際が大切です。時間がかかるようでしたら、少量のごま油をまわして和えておきましょう。好みで鎮江香酢や辛子をつけていただきましょう。

HOME ABOUT ME(プロフィール) CONTACT(お問い合わせ・メール) CAPINO(本体) LINK
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
■お問い合わせ、ご感想などはCONTACTからメールでお願いします。林真理の水彩画作品は、Mari Watercolor CafeCAPINOでご覧ください。
●掲載のレシピ、写真についてのお問い合わせ、取材のお申し込み、ご感想などは、林 真理へお寄せください。
■ページのトップへ                 08.04.2003--(C) CAPINO in Tokyo Japan


Ads by TOK2