牡蠣のオリーブ油煮のピザ
■マリンレシピ/西洋料理/粉もの/ピザ/魚介類/牡蠣/イタリア

ダンナさんが「牡蠣のオリーブオイル煮」を作ってくれたので、それで牡蠣ピザを作りました。それだけ食べても美味しい「牡蠣のオリーブオイル煮」ですが、ピザにしたら美味しいのではと作ってみました。
ピザドゥの仕込んで発酵が終わったら伸ばして焼き、トマトソースの上に牡蠣を並べ、たっぷりとモッツアレラチーズをかけて焼き上げました。
焼き上がったら、さらに牡蠣のエキスがたっぷりのオリーブオイルを回しがけていただきました。牡蠣はオリーブ煮の前に白ワインでマリネするのですが、その風味がピザにするととても引き立ちます。本当に美味しいピザができました。
 ■材料(4人分)
●ピザドゥ(直径約20cmのピザ×3枚分)
中力粉・・・・・・・・・・280g
水・・・・・・・・・・・・190cc
バター・・・・・・・・・・15g
砂糖・・・・・・・・・・・大さじ1
塩・・・・・・・・・・・・小さじ1/2
イースト菌・・・・・・・・小さじ1/2
●ピザソース(3枚分)
ホールトマト缶・・・・・・1缶
タマネギ・・・・・・・・・1/2個
ニンニク・・・・・・・・・1片
オリーブ油・・・・・・・・50cc
オレガノ・・・・・・・・・小さじ1
塩・・・・・・・・・・・・小さじ1/2
コショウ・・・・・・・・・少々
●トッピング(1枚分)
牡蠣のオリーブ油煮・・・・・・8〜12個
タマネギ・・・・・・・・・・・1/4個
パセリ・・・・・・・・・・・・適量
ピザ用ミックスチーズ・・・・・50g

●右の写真は、「牡蠣のオリーブ油煮」です。マリネした牡蠣を低温で10分ほど煮たらできあがりという簡単な料理ですが、絶品です。オードブルやサンドウィッチにも使えます。
●今回使用したピザ用ミックスチーズは、モッツァレラチーズを中心に、ゴーダチーズ、チェダーチーズなどをミックスしたものです。

 ■作り方
●ピザドゥ
1. 中力粉に水、バター、砂糖、塩、イースト菌をパン焼き器に入れ、生地作りをする。

2. クッキングシートに丸く広げてオーブンで下焼きする。(仕上がりをカリッとさせたいので下焼きします)
●ピザソース
1. 
タマネギとニンニクのみじん切りとホールトマトをオリーブオイルで炒めて、ミキサーにかける。
2. 再び鍋に戻し、少し煮詰めて塩コショウで味をととのえる。
3. オレガノを加えて香りをつけてでき上がり。(たくさん作り、小分けして冷凍しておくと便利)
●ピザ
1. タマネギをスライスしておく。
2. 下焼きしたピザドゥにピザソースを塗り、牡蠣、タマネギ、チーズの順でのせる。
3. 250度のオーブンで10〜30分、こんがり焼き目がつくまで焼く。(焼き時間はオーブンの性能や気温で変わります)
4. 焼き上がる直前にパセリをふる。皿にとり、牡蠣のオリーブ油煮のオイルをかけながらいただく。
 ▲メモ
●今回は、あらかじめ作っておいた「牡蠣のオリーブ油煮」を使いましたが、白ワインやハーブ塩でマリネした生の牡蠣をのせて焼いてもかまいません。その場合は、牡蠣が半生が好みの方は、生食用を使ってください。牡蠣のオリーブ油煮の場合は、加熱用でOKです。パセリは、最初にのせると焦げてしまうので、焼き上がり際にのせます。生でも乾燥パセリでもかまいません。お好みでどうぞ。

HOME ABOUT ME(プロフィール) CONTACT(お問い合わせ・メール) CAPINO(本体) LINK
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
■お問い合わせ、ご感想などはCONTACTからメールでお願いします。林真理の水彩画作品は、Mari Watercolor CafeCAPINOでご覧ください。
●掲載のレシピ、写真についてのお問い合わせ、取材のお申し込み、ご感想などは、林 真理へお寄せください。
■ページのトップへ                 08.04.2003--(C) CAPINO in Tokyo Japan


Ads by TOK2