ゴボウの肉詰めトマト煮込み
■マリンレシピ/西洋料理/ゴボウ/ひき肉/ベーコン/インゲン

ゴボウは日本料理の食材と思われがちですが、強い味の食材ですので、案外ドミグラスソースとも相性がいいのです。
鶏レバーを加えた中身の肉やミートボールとホクホクのゴボウやインゲン豆のマッチングが最高。ご飯にもパスタにも合う一品です。
 ■材料(4人分)

ゴボウ・・・・・・・・・・・・・・太いもの300g
鶏レバー・・・・・・・・・・・・・180g
合い挽き肉・・・・・・・・・・・・250g
ベーコン・・・・・・・・・・・・・50g
ニンジン・・・・・・・・・・・・・大1本
タマネギ・・・・・・・・・・・・・中1個
ブナシメジ・・・・・・・・・・・・100g
インゲン豆・・・・・・・・・・・・100g
麩・・・・・・・・・・・・・・・・10g
ニンニク・・・・・・・・・・・・・2片
ローリエ・・・・・・・・・・・・・2枚
オリーブ油・・・・・・・・・・・・適量
オレガノ(またはミックスハーブ)・小さじ1
フレッシュローズマリー・・・・・・1本
塩・・・・・・・・・・・・・・・・適量
コショウ・・・・・・・・・・・・・適量
水・・・・・・・・・・・・・・・・適量

ドミグラスソース缶・・・・・・・・1缶
トマト缶・・・・・・・・・・・・・1缶
ブイヨンキューブ・・・・・・・・・2個
カイエンペッパー・・・・・・・・・少々
ナツメグ・・・・・・・・・・・・・小さじ1/2
ブランデー・・・・・・・・・・・・少々
小麦粉・・・・・・・・・・・・・・少々



●ゴボウは、太い堀川ゴボウや最近で回っているサラダゴボウなど、直径4センチ以上の太いもの。無ければ普通のゴボウをぶつ切りに。

 ■作り方
1. インゲン豆を水に一晩浸し、やわらかくなるまでゆでる。ゆであがったらざるにあけ、水気を切っておく。
2. ゴボウをよく洗い、3センチほどの厚さの輪切りにし、串を刺してスッと通るくらいやわらかくなるまでゆでる。
  ゆであがったら直径1.5センチほどの穴が空くよう芯を抜き、ざるにあけ、水気を切っておく。
3. ベーコン、ニンニク、タマネギをみじん切りにしておく。
4. フライパンにオリーブオイルとローリエを入れ、3をしんなりするまで炒める。
5. ボウルに合い挽き肉と細かく刻んだ鶏レバーと、抜いたゴボウの芯を入れ、4と砕いた麩をいれ、
  塩、コショウ、ナツメグを加え、粘りが出るまでよく練る。
6. 5をゆであげて水気を切った2のゴボウに詰める。小麦粉をまぶしつけておく。
  残りの肉は、直径2.5センチほどのミートボールにしておく。
7. 鍋にオリーブオイル入れ、6を静かに入れて両面に焼き目をつけ、ブランデーでフランベする。
8. 7のゴボウを崩さないように、一口大に切ったニンジン、崩したトマト、ドミグラスソース、砕いたブイヨンキューブ、オレガノ(またはミックスハーブ)フレッシュローズマリー、カイエンペッパー、ゆであげたインゲン豆を加え、ひたひたになるまで水を加える。中火で煮て、煮立ってきたら、ミートボールを加える。石突きを取りひとくちサイズに分けたブナシメジも加える。
9. ニンジンがやわらかくなり、ゴボウに詰めた肉やミートボールに火が通るまで煮たら、塩、コショウで味を調え完成。
 ▲メモ
●水の量は、鍋の大きさや火加減にもよりますから、始めからあまり多く入れすぎず、煮詰まってきたら足すようにしてください。

HOME ABOUT ME(プロフィール) CONTACT(お問い合わせ・メール) CAPINO(本体) LINK
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
■お問い合わせ、ご感想などはCONTACTからメールでお願いします。林真理の水彩画作品は、Mari Watercolor CafeCAPINOでご覧ください。
●掲載のレシピ、写真についてのお問い合わせ、取材のお申し込み、ご感想などは、林 真理へお寄せください。
■ページのトップへ                 08.04.2003--(C) CAPINO in Tokyo Japan


Ads by TOK2