新ジャガとアンチョビーのサラダ

■マリンレシピ/西洋料理/サラダ/ジャガイモ/アンチョビー/パセリ/ブラジル

この料理は、ダンナさんがブラジルの叔母から伝授されたもの。
シンプルですが、新ジャガが出まわる梅雨時にピッタリの爽やかで食が進む料理です。小さな小芋を使ってください。
ブラジルでは、塩と油を入れて炊いたご飯と混ぜて食べたとか。不思議とご飯にも合う料理です。
和えるドレッシングの基本はイタリアンドレッシングですが、わが家流にアレンジしてみました。

 ■材料(4人分)

新ジャガ・・・・・・・・・600g
●ドレッシング1
ニンニク・・・・・・・・・2片
タカノツメ・・・・・・・・1本
アンチョビー・・・・・・・3〜5枚
ブイヨンキューブ・・・・・2個
パセリみじん切り・・・・・大さじ1
バージンオリーブ油・・・・大さじ4
●ドレッシング2
バルサミコ・・・・・・・・小さじ1
ワインビネガー・・・・・・大さじ2
レモン汁・・・・・・・・・大さじ2
砂糖・・・・・・・・・・・小さじ1/2
フライドオニオン・・・・・小さじ1
パセリみじん切り・・・・・大さじ2
●トッピング
パルミジャーノレッジャーノ・・・大さじ2
粗挽き黒コショウ・・・・・適量

●ワインビネガーは、白赤お好みの方を。
●ドレッシングには好みで下記のものをひとつか組み合わせて入れてもOK。
オレガノ・・・・・・・・・小さじ1/2
粒マスタード・・・・・・・小さじ1/2
パプリカ・・・・・・・・・小さじ1/2
バジルペースト・・・・・・小さじ1/2〜1
●レモン汁をライム汁にすると、よりブラジル風で美味しい。
●セロリ、トマト、パプリカ、ケイパー等のみじん切りを入れると、他のサラダのドレッシングにも使えます。
●アンチョビーの量は、お好みの塩加減になるように調整してください。

 ■作り方

1. 新ジャガはタワシでよく洗い、皮付きのまま塩を入れて水から茹でる。茹であがったら皮を剥いておく。
●ドレッシング&トス
1. フライパンに、種を取ったタカノツメはまるごと、芯を取ったニンニク、アンチョビー、パセリをみじん切りにして入れる。
2. オリーブ油を入れてから火をつけ、弱火で炒め、香りを出したらボウルにとって冷ます。タカノツメは取り除く。
3. 2にドレッシング2の材料を撹拌しながら少しずつ加え、乳化させる。
4. 大きなボウルに新ジャガを入れ、3のドレッシングをかけてよく混ぜる。
5. チーズと黒コショウをふってできあがり。

 ▲メモ
●このドレッシングに牛肉を30分ほど漬けてソテーするとさっぱりして美味しくいただけます。ドレッシング1は、弱火で香りが油に移る程度にしてください。決して焦がさないこと。ドレッシングは新ジャガがまだ温かい内に和えてください。マンジョウカから作られたファリーニャをかけ、辛いピメンタのみじん切りをまぶして食べると、本格的なブラジル風の食べ方になります。

HOME ABOUT ME(プロフィール) CONTACT(お問い合わせ・メール) CAPINO(本体) LINK
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
■お問い合わせ、ご感想などはCONTACTからメールでお願いします。林真理の水彩画作品は、Mari Watercolor CafeCAPINOでご覧ください。
●掲載のレシピ、写真についてのお問い合わせ、取材のお申し込み、ご感想などは、林 真理へお寄せください。
■ページのトップへ                 08.04.2003--(C) CAPINO in Tokyo Japan


Ads by TOK2