ズッキーニのオムレツ

■マリンレシピ/西洋料理/卵料理/野菜/ズッキーニ/イタリア

6月になると近所の無農薬栽培の畑でズッキーニが売られます。
お店で売られている規格品のものより1.5〜2倍ぐらい大きく、甘くて味も濃厚です。どんな野菜でも、規格に合わせて小さく熟れていない内に収穫した物は味がありませんね。規格外のものの方が美味しいなんておかしな話です。わが家では6月いっぱい、美味しいズッキーニを色々調理して楽しんでいます。花ズッキーニも美味しいんですよ。
ズッキーニは、アメリカからメキシコが原産地で、イタリアやプロバンス地方でよく食べられています。カボチャの一種で、クセがないので、和洋中、どんな料理にも良く合います。
普通、生食はしないのですが、実は「ぬか漬け」にすると美味しいんですよ。今回は、わが家定番のオムレツです。

 ■材料(4人分)

ズッキーニ・・・・・・・・1本
ベーコン・・・・・・・・・50g
モッツァレラチーズ・・・・50g
ニンニク・・・・・・・・・2片
ハーブ塩・・・・・・・・・少々
卵・・・・・・・・・・・・3個
生クリーム・・・・・・・・ 大さじ1
コショウ・・・・・・・・・ 少々
ハーブ塩・・・・・・・・・小さじ1/2
コショウ・・・・・・・・・少々
オリーブ油・・・・・・・・適量

 ■作り方

1. ズッキーニは、両側を切り落として縦半分に切り、5ミリ厚にスライス。ベーコンは1ミリ厚の短冊切り。ニンニクはみじん切りに。
2. 温めたフライパンに、オリーブ油とニンニク、ベーコンを入れて、香りと脂を出す。
3. 2にズッキーニを入れて、しんなりするまで炒める。ハーブ塩とコショウで、軽く味を付けておく。
4. ボウルに卵と粗く刻んだモッツァレラチーズ、生クリーム、ハーブ塩、コショウを加えてよくかき混ぜる。
5. 43を加えてよくなじませる。
6. 熱したフライパンにオリーブ油を入れ、5を流し込む。ふたをして中弱火にして、しっかり火が通るまで焼く。中まで火が通ったらできあがり。

 ▲メモ
●このまま食べても美味しいのですが、ケチャップやマヨネーズと一緒にパンに挟んでも美味しい。ケチャップとマヨネーズを混ぜた、サザンアイランドソースが息子達のお気に入りです。
●ズッキーニは露地物は収穫期が短いので、なり始めたら毎日のようにいただきます。でも淡白なので、料理のバリエーションが多く、飽きることはありません。ズッキーニとアンチョビーのパスタ、ピザ、ひき肉を詰めてハムユイ蒸し、中華スープ、油味噌などなど。

HOME ABOUT ME(プロフィール) CONTACT(お問い合わせ・メール) CAPINO(本体) LINK
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
■お問い合わせ、ご感想などはCONTACTからメールでお願いします。林真理の水彩画作品は、Mari Watercolor CafeCAPINOでご覧ください。
●掲載のレシピ、写真についてのお問い合わせ、取材のお申し込み、ご感想などは、林 真理へお寄せください。
■ページのトップへ                 08.04.2003--(C) CAPINO in Tokyo Japan


Ads by TOK2