アピオスのヴィシソワーズ

■マリンレシピ/西洋料理/スープ/アピオス/ほどいも/フランス

アピオスは、朝鮮ニンジンの主成分であるサポニンが多く含まれている他、カルシウム、鉄分、食物繊維、タンパク質が豊富。イモ類にはあまり含まれていないビタミンEも含まれます。
今回はヴィシソワーズはどうかと思い作ってみました。
アピオスの自然な甘みとナッツ類を感じる香ばしさ。少量で大満足のコクのある一品。フレンチレストランのコースに出してても恥ずかしくないほどの、きめ細やかな美味しさです。

 ■材料(4人分)

アピオス・・・・・・・・・・100g
玉ねぎ・・・・・・・・・・・1/2個
長ねぎ・・・・・・・・・・・1本
バター・・・・・・・・・・・大さじ2
丸鶏スープ・・・・・・・・・250cc
牛乳・・・・・・・・・・・・200cc
生クリーム・・・・・・・・・50cc
塩・・・・・・・・・・・・・小さじ1/2
コショウ・ハーブ塩・・・・・少々
あさつき・・・・・・・・・・1本

これがアピオスです。蒸すか揚げて使うのが栄養も逃げないしいいのではないかと思います。皮ごと食べられますが、料理に使うときは皮を剥いた方がいいでしょう。

 ■作り方

1. アピオスは薄皮をこすり落とし、薄切りにする。玉ねぎ、長ねぎは粗みじん切り、あさつきは小口切りにしておく。
2. 鍋にバターを入れて溶かし、1のあさつき以外を炒める。丸鶏スープ、牛乳を注いで、アピオスが柔らかくなるまで中火で煮る。
3. 2のアピオスが柔らかくなったら火を止める。あら熱が取れたらフードプロセッサーにかける。
4. 3を漉し器で漉してよりなめらかにし、冷蔵庫で冷やす。冷えたら生クリームと塩、コショウを加えて味を整える。あさつきを飾ってできあがり。

 ▲メモ
●アピオスの皮は完全に取りきれなくても、最後に漉すのであまり気にしなくて刻んでしまって結構です。漉すのに手間はかかりますが、手のかけがいのある美味しいスープです。

HOME ABOUT ME(プロフィール) CONTACT(お問い合わせ・メール) CAPINO(本体) LINK
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
■お問い合わせ、ご感想などはCONTACTからメールでお願いします。林真理の水彩画作品は、Mari Watercolor CafeCAPINOでご覧ください。
●掲載のレシピ、写真についてのお問い合わせ、取材のお申し込み、ご感想などは、林 真理へお寄せください。
■ページのトップへ                 08.04.2003--(C) CAPINO in Tokyo Japan


Ads by TOK2