鯛とアピオスのカルパッチョ

■マリンレシピ/西洋料理/魚介/鯛/アピオス/ほどいも/イタリア

アピオスは、朝鮮ニンジンの主成分であるサポニンが多く含まれている他、カルシウム、鉄分、食物繊維、タンパク質が豊富。イモ類にはあまり含まれていないビタミンEも含まれます。
北アメリカ原産のマメ科の植物で、日本にはリンゴの苗と一緒に偶然に入ってきたのだそうです。
ほのかにピーナッツの香りがします。食感はきめの細かいメークインという感じでしょうか。花はお茶にもなるそうです。
他にもビシソワーズやお菓子にも使えそうと研究中です。

 ■材料(4人分)

鯛の刺身・・・・・・・・・100g
アピオス・・・・・・・・・80g
カマンベールチーズ・・・・20g(皮を取ったもの)
生クリーム・・・・・・・・小さじ1
塩・・・・・・・・・・・・少々
コショウ・・・・・・・・・少々
スプラウト・・・・・・・・適量
●ドレッシング
レモン汁・・・・・・・・・1/4個分
バージンオリーブ油・・・・大さじ1
ワインビネガー・・・・・・大さじ1
ハーブ塩・・・・・・・・・小さじ1/2
摺りおろしニンニク・・・・1/2片
コショウ・・・・・・・・・少々

これがアピオスです。蒸すか揚げて使うのが栄養も逃げないしいいのではないかと思います。皮ごと食べられますが、料理に使うときは皮を剥いた方がいいでしょう。

 ■作り方

1. ドレッシングの材料をすべて合わせ、混ぜてドレッシングを作って冷やしておく。
2. アピオスを蒸して皮をむく。(キッチンペーパーでむくと楽)
3. フードプロセッサーにアピオスとチーズ、生クリーム、塩、コショウを入れ、ペーストにする
4. 計量スプーンで半球型にする。
5. 皿に鯛の刺身を並べ、アピオスを周りに並べる。
6. スプラウトを鯛の刺身の上に散らし、撹拌したドレッシングをスプーンで適量たらして完成。
7. アピオスのボールを適当に分け、鯛で巻いて、ドレッシングをつけていただく。

 ▲メモ
●刺身はスズキやヒラメ、ホタテなどでもいいでしょう。よく冷やしておいてください。スプラウトは、イタリアンパセリでもOKです。

HOME ABOUT ME(プロフィール) CONTACT(お問い合わせ・メール) CAPINO(本体) LINK
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
■お問い合わせ、ご感想などはCONTACTからメールでお願いします。林真理の水彩画作品は、Mari Watercolor CafeCAPINOでご覧ください。
●掲載のレシピ、写真についてのお問い合わせ、取材のお申し込み、ご感想などは、林 真理へお寄せください。
■ページのトップへ                 08.04.2003--(C) CAPINO in Tokyo Japan


Ads by TOK2