ソーセージのトマトシチュー

■マリンレシピ/西洋料理/煮込み料理/ソーセージ/野菜/ジャガイモ/ニンジン

手作りソーセージをトマトシチューにしました。
ニンジンを入れると風味が増します。
市販のホワイトシチューの素とブイヨンキューブを使って。
摺りおろしたグラーナパダーノチーズをかけていただきます。

 ■材料(4人分)

ソーセージ・・・・・・・・大3本
ジャガイモ・・・・・・・・2個
ニンジン・・・・・・・・・2本
タマネギ・・・・・・・・・1個
ニンニク・・・・・・・・・2片
ベーコン・・・・・・・・・1枚
ブイヨンキューブ・・・・・2個
ホールトマト缶・・・・・・1缶

白ワイン・・・・・・・・・大さじ2
オリーブ油・・・・・・・・適量
ベイリーフ・・・・・・・・1枚
タカノツメ・・・・・・・・1本
唐辛子・・・・・・・・・・小さじ1
塩・・・・・・・・・・・・少々
コショウ・・・・・・・・・少々
グラーナパダーノ・・・・・適量

 ■作り方
1. ニンニクはみじん切り、タマネギ、ニンジン、ジャガイモは皮を剥いて乱切り、ベーコンは1センチ幅に切る。
2. フライパンにオリーブ油を入れて、ニンニクとタカノツメ、ベーコンを焦がさないように炒めて香りを出す。
3. 続けて他の野菜を加え、全体に油が回るように炒める。
4. タマネギが少ししんなりしてきたらホールトマトを崩しながら入れ、白ワインを加え、ひたひたになるまで水を加える。
5. ブイヨンキューブを崩しながら入れて、野菜に火が通るまで弱火でコトコト煮る。
6. 野菜に串を刺し、スッと通るくらいになったら2センチ幅くらいに切ったソーセージを入れてひと煮立ちする。
7. 塩、コショウ、摺りおろしたグラーナパダーノチーズで味を調え、完成。
 ▲メモ
●パンと食べても、ご飯にかけても、パスタにかけても合う一品。ちょっとピリ辛にすることで、よりスプーンが進みます。
グラーナパダーノは、パルミジャーノレッジャーノに似ていますが、熟成期間がやや短く、安価です。イタリアでは「キッチンのハズバンド」と呼ばれるほど頻繁に使われるチーズです。グラーナとは粉にして使われるチーズの総称。パダーノは、産地のポー川流域のことです。

HOME ABOUT ME(プロフィール) CONTACT(お問い合わせ・メール) CAPINO(本体) LINK
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
■お問い合わせ、ご感想などはCONTACTからメールでお願いします。林真理の水彩画作品は、Mari Watercolor CafeCAPINOでご覧ください。
●掲載のレシピ、写真についてのお問い合わせ、取材のお申し込み、ご感想などは、林 真理へお寄せください。
■ページのトップへ                 08.04.2003--(C) CAPINO in Tokyo Japan


Ads by TOK2