鶏肉と切り干し大根のドリア

■マリンレシピ/西洋料理/オーブン料理/鶏肉/乾物/切り干し大根

信州のお祖父ちゃん手作りの切り干し大根が届きました。太陽の光を浴びることで、鉄分は約30倍、カルシウムは約15倍、ビタミンB1とB2は約10倍と栄養豊富。煮物や炒め物、戻してそのまま食べても良いのですが、中華や洋風、エスニックにも合う、とても活用範囲の広い食材です。

 ■材料(4人分)
切り干し大根・・・・・・・40g(ざく切り)
(もどし汁も使う)
鶏肉・・・・・・・・・・・180g(一口大)
マッシュルーム・・・・・・5個(一口大)
タマネギ・・・・・・・・・1個(みじん切り)
ニンニク・・・・・・・・・1片(みじん切り)
小麦粉・・・・・・・・・・大さじ1
バター・・・・・・・・・・15g
オリーブ油・・・・・・・・大さじ1
ベイリーフ・・・・・・・・2枚
牛乳・・・・・・・・・・・300cc
白ワイン・・・・・・・・・30cc
クリームシチューのルー・・2片
塩・・・・・・・・・・・・少々
●具の固さは戻し汁で調整します。
 ■作り方
1. 鶏肉は一口サイズに切り、塩コショウ、白ワインで下味をつけておく。
2. サッと洗った切り干し大根をひたひたの水につけて30分ほどもどし、しぼって食べやすい大きさに切っておく。
3. フライパンにオリーブ油を入れ、ニンニクを入れて温め、香りをつける。
4. タマネギ、マッシュルームを炒め、切り干し大根、ベイリーフを入れて炒める。
5. バターを加え、小麦粉を入れる。
6. 半量の牛乳を少しずつ加えて、小麦粉をだまにならないように溶く。
7. マッシュルームを入れ、さらに炒める。
8. 別のフライパンで、鶏肉をオリーブ油で炒める。
9. 78を合わせる。
10. 溶けやすいように刻んだクリームシチューのルーを入れる。残りの牛乳を入れ、ルーを溶かす。
11. パルミジャーノレッジャーノを摺りおろし、まぜる。具の固さを調整する。
12. フラン皿にご飯をよそい、上にフライパンの具を流し込む。
13. 拍子切りのチーズを並べ、パルミジャーノレッジャーノを摺りおろす。
14. オーブンで焼く。チーズが溶けて美味しそうな焦げ目がついたらできあがり。
 ▲メモ
●切り干し大根の風味だけが立ってくるということはありません。鶏肉の代わりに、牡蠣やアサリ、鮭などでも美味しいと思います。
チーズは、お好みでモッツァレラ、ゴーダ、マリボーなどを組み合わせてください。

HOME ABOUT ME(プロフィール) CONTACT(お問い合わせ・メール) CAPINO(本体) LINK
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
■お問い合わせ、ご感想などはCONTACTからメールでお願いします。林真理の水彩画作品は、Mari Watercolor CafeCAPINOでご覧ください。
●掲載のレシピ、写真についてのお問い合わせ、取材のお申し込み、ご感想などは、林 真理へお寄せください。
■ページのトップへ                 08.04.2003--(C) CAPINO in Tokyo Japan


Ads by TOK2