鶏とキノコとアーティチョークのパエリア

■マリンレシピ/西洋料理/オーブン料理/鶏肉/アーティチョーク/サフラン

パエリアは、本来ジビエのウサギやうなぎを煮込む料理と、イスラムが持ち込んだ米との出会いによって生まれた料理だそうです。パエジエーラと呼ばれる鍋で作られるものがパエリア、それ以外の鍋で作られたものはアロスというそうです。いずれにしても炊き込みご飯は、スペインの家庭の数だけ種類がありそうですね。サフランで炊いたご飯は、子供たちも大好き。レモンをギュッと絞って、みんなでワイワイ賑やかに食べましょう。大人にはワインを添えて。

 ■材料(4人分)
米・・・・・・・・・・・・・1カップ
水・・・・・・・・・・・・・1.5カップ
マッシュルームやエリンギ、ユキタケなど
     ・・・・・・・・・合わせて1パックくらい
鶏もも肉(塩コショウしておく)
     ・・・・・・・・・1枚
アーティチョーク油漬け・・・50g
タマネギ・・・・・・・・・・1/2個
ニンニク・・・・・・・・・・1片
トマト・・・・・・・・・・・1/4個
サフラン・・・・・・・・・・ひとつまみ
サフラン水用の水・・・・・・50cc
スープキューブ・・・・・・・2個
オリーブオイル・・・・・・・50cc
塩・コショウ・・・・・・・・少々
ラム酒・・・・・・・・・・・・50cc
白ワイン・・・・・・・・・・・大さじ1
バター・・・・・・・・・・・・大さじ3、
ローリエ・・・・・・・・・・・1枚
パセリ・・・・・・・・・・・・適量
塩・・・・・・・・・・・・・・小さじ1
コショウ・・・・・・・・・・・少々
市販のグラスドプーレー、またはグラスドヴィアンツかグレイビーソース
コンソメスープかコンソメスープの素
 ■作り方
1. 水50ccにサフランを入れサフラン水を作っておく。
2. フライパンにみじん切りにしたタマネギとニンニクとオリーブオイルを入れ、焦がさないようにしんなりするまで炒める。
3. 2に一口大に切った鶏肉を入れて炒める。続けて一口大に切ったキノコ類も炒める。
4. 2の鶏肉とキノコ類を取り出し、米を加え炒める。米が透き通ってきたらトマトを加え、炒める。
5. 4にスープを溶かした水、サフラン水を入れ、強火で5分、中火にして10分煮る。塩、コショウで味をととのえる
6. 取り出したキノコ類と鶏肉、一口大に刻んだアーティチョークを並べ200度のオーブンで15分から20分焼く。
 ▲メモ
●アーティチョークの油漬けは輸入食材店などで手に入ります。漬けてあるオリーブオイルもハーブの香り豊かで、炒め物などに使えて便利です。

HOME ABOUT ME(プロフィール) CONTACT(お問い合わせ・メール) CAPINO(本体) LINK
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
■お問い合わせ、ご感想などはCONTACTからメールでお願いします。林真理の水彩画作品は、Mari Watercolor CafeCAPINOでご覧ください。
●掲載のレシピ、写真についてのお問い合わせ、取材のお申し込み、ご感想などは、林 真理へお寄せください。
■ページのトップへ                 08.04.2003--(C) CAPINO in Tokyo Japan


Ads by TOK2