ホウレンソウ入りラザニア

■マリンレシピ/西洋料理/オーブン料理/野菜/ホウレンソウ/イタリア

甘く美味しいほうれん草が手に入ったら作ります。
グラーナパダーノは、パルミジャーノレッジャーノに似ていますが、熟成期間が1〜2年とより短く、安価です。イタリアでは「キッチンのハズバンド」といわれ欠かせない食材です。

 ■材料(4人分)

ラザニア用パスタ・・・・・200g
牛乳・・・・・・・・・・・少々
オリーブ油・・・・・・・・適量
ホウレンソウ・・・・・・・8株
バター・・・・・・・・・・大さじ2
卵・・・・・・・・・・・・2個
白ワイン・・・・・・・・・大さじ1
リコッタチーズ・・・・・・200g
クリームチーズ・・・・・・50g
グラーナパダーノチーズ・・50g
ナツメグ・塩・コショウ・・少々

●ホワイトソース
小麦粉・・・・・・・・・1/2個(エシャロット)
バター・・・・・・・・・1/2本
(なくてもよい)
牛乳・・・・・・・・・・2片
塩・・・・・・・・・・・7カップ

■作り方
1. フライパンにバターを溶かし、弱火で小麦粉を焦がさないように炒める。
2. 牛乳を少しずつ入れてのばし、塩・コショウで味つけする。

 ■作り方

●下ごしらえ
1. ラザニア用パスタは、少々の牛乳に1時間ぐらいひたしてからゆでる。

2. ホウレンソウはゆでて、水気を絞り2〜3センチに切る。
3. リコッタチーズ、クリームチーズ
は、細かくほぐしておく。グラーノパダーノはすりおろす。

1. 
フライパンにバターを溶かし、ホウレンソウを炒める。
2. ボールに1と溶き卵、ホワイトソース、チーズ、白ワインを入れ混ぜ、ナツメグ・塩・コショウで味を調える。
3. 耐熱皿にパスタと2の具を交互に重ねる。
4. 200度のオーブンで15〜20分焼く。

 ▲メモ
●パスタを牛乳にひたすのは、ブラジルの叔父さんから教わりました。ひたす時間がないときは、ゆで汁に牛乳を加えます。カレー風味にしても合います。

HOME ABOUT ME(プロフィール) CONTACT(お問い合わせ・メール) CAPINO(本体) LINK
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
■お問い合わせ、ご感想などはCONTACTからメールでお願いします。林真理の水彩画作品は、Mari Watercolor CafeCAPINOでご覧ください。
●掲載のレシピ、写真についてのお問い合わせ、取材のお申し込み、ご感想などは、林 真理へお寄せください。
■ページのトップへ                 08.04.2003--(C) CAPINO in Tokyo Japan


Ads by TOK2