ハナイグチのパスタ
■マリンレシピ/西洋料理/粉もの/パスタ/山菜/キノコ/和風スパゲッティ

ハナイグチは、信州ではジコボウ(時候坊)と呼ばれ、もっとも愛されているキノコのひとつです。主にカラマツ林に出ます。
中華料理の高級食材、ナマコのような食感と、強いぬめり、甘い香り、ふくよかな味がたまりません。
今回は、たくさん採れたので瓶詰めにしました。
このパスタは、それを和えただけですが、絶品です。

 ■材料(4人分)

ハナイグチのしょう油煮・・400g
(無ければキノコのしょう油煮のビン詰め・袋詰め)
パスタ・・・・・・・・・・400g
塩・・・・・・・・・・・・少々

●天然キノコの下処理
1. ボールに水を張り塩ひとつかみとキノコを入れ30分から1時間置き、
  虫を出す。軸が中空なものは、傘からはずし中の虫が出やすいようにする。
2. 浮いたゴミを取り、水を替える。
3. 爪楊枝でヒダのあいだの小さなゴミを取る。
4. 最後にもう一度水洗いしてザルに上げる。
 ■作り方
●ハナイグチのしょう油煮
1. ハナイグチをしょう油、酒、味醂で煮て瓶詰めにする。
ビンは煮沸消毒しておく。
●揚げる
1. 塩をひとつまみ入れた湯でパスタをゆでる。しょう油煮であえるので塩は控えめ。
2. ゆで上がったパスタをザルに上げ、水切りし、ハナイグチのしょう油煮で和える。
 ▲メモ
●ハナイグチは食べ過ぎると消化不良を起こします。また、ナメクジや虫がつきやすいキノコなので、下処理をきちんとしてください。

HOME ABOUT ME(プロフィール) CONTACT(お問い合わせ・メール) CAPINO(本体) LINK
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
■お問い合わせ、ご感想などはCONTACTからメールでお願いします。林真理の水彩画作品は、Mari Watercolor CafeCAPINOでご覧ください。
●掲載のレシピ、写真についてのお問い合わせ、取材のお申し込み、ご感想などは、林 真理へお寄せください。
■ページのトップへ                 08.04.2003--(C) CAPINO in Tokyo Japan


Ads by TOK2