鶏ゴボウの炊き込みご飯
■マリンレシピ/日本料理/炊き込みご飯/鶏もも肉/野菜/牛蒡/家庭料理

新ゴボウが届くと必ず作るみんなが大好きな一品です。
ご家庭によって作り方や材料は様々だと思いますが、
わが家のは、もち米を入れる・鶏肉に下味をつける・炒める・出汁の作り方の工夫などの特徴があります。
鶏肉に下味を付けて炒めることで、コクと香ばしさが出ます。
また、もち米が入ると、もっちりして歯ごたえがよくなります。
出汁に入れた貝柱も旨さの秘訣です。
 ■材料(4〜5人分)
鶏もも肉・・・・・・・・・240g
●漬け汁
しょう油・・・・・・・・・大さじ1
酒・・・・・・・・・・・・大さじ1

ニンジン・・・・・・・・・1/2本
ゴボウ・・・・・・・・・・30センチ
マイタケ・・・・・・・・・100g
油揚げ・・・・・・・・・・1枚
サラダ油・・・・・・・・・大さじ1

カツオ出汁・・・・・・・・600cc
貝柱(こわれ)・・・・・・大さじ1
昆布・・・・・・・・・・・6センチ
干し椎茸・・・・・・・・・1個
酒・・・・・・・・・・・・大さじ2
味醂・・・・・・・・・・・大さじ3
しょう油・・・・・・・・・大さじ3
塩・・・・・・・・・・・・適量

米・・・・・・・・・・・・3カップと1/2
もち米・・・・・・・・・・1/2カップ
五穀米・・・・・・・・・・大さじ1
水・・・・・・・・・・・・適量
●出汁用の昆布と干し椎茸は、細く切って炊きあげ、食べてしまいましょう。鶏肉の漬け汁も使います。それが家庭料理です。もったいないの心だと思います。
 ■作り方
●下準備
1. もち米・米・五穀米を洗って炊飯器に入れ、ひたひたの水につけ半日おく。
2. 水600ccに、カツオ粉(出汁粉)・ほぐした貝柱・細く切った昆布と干し椎茸を入れ半日おき、火を入れ冷ましておく。
3. 鶏もも肉は漬け汁に20分ほどつけて、あげておく。漬け汁は使うので残しておく。

●鶏肉を炒める
1. ゴボウは笹がきにして水にはなし、ザルに上げる。
2. ニンジンは細切りか小さないちょう切り。油揚げも細切り。
3. 鶏もも肉は、1センチ角ぐらいに切る。
4. マイタケは、手でさいて小さく千切る。
5. 鍋にサラダ油を入れ、鶏肉・ゴボウ・ニンジン・マイタケ・油揚げの順で炒める。
6. 火が通ったら出汁と鶏の漬け汁を入れて煮る。(炊飯器によっては熱いままだと炊飯ができないものもあるので、その場合は冷ます)
7. 炊飯器に、まず6の汁だけを入れ、規定の分量に足りなければ水を足し、また塩分が足りないようなら塩を加える。
8. 6の具を加え、ご飯を炊く。
9. 器に盛り、好みで青菜や海苔をそえていただく。
 ▲メモ
●キノコは金気を嫌うので、切るならばセラミック包丁で。ホタテの貝柱は、こわれで充分です。また、粉末にしたものも売られています。ハマグリの出汁粉でもOKです。オススメの隠し味です。しょう油はお好みで薄口か濃い口を。今回は、友人手作りの濃い口しょう油に、小豆島のやや甘めの濃い口しょう油と竹塩を使いました。取り合わせの野菜の種類や、分量はお好みで。

HOME ABOUT ME(プロフィール) CONTACT(お問い合わせ・メール) CAPINO(本体) LINK
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
■お問い合わせ、ご感想などはCONTACTからメールでお願いします。林真理の水彩画作品は、Mari Watercolor CafeCAPINOでご覧ください。
●掲載のレシピ、写真についてのお問い合わせ、取材のお申し込み、ご感想などは、林 真理へお寄せください。
■ページのトップへ                 08.04.2003--(C) CAPINO in Tokyo Japan


Ads by TOK2