菜花のひしお炒め
■マリンレシピ/日本料理/炒めもの/菜花/オイルサーディン/いわし醤油

甘くほろ苦さがある菜花や、やわらかな春キャベツは春野菜の代表格ですね。そんな野菜にはオイルサーディンやアンチョビーがよく合います。
ニンニクとオリーブオイルの香りに、アクセントのイワシしょう油を加え、春の恵みをたっぷりといただきましょう。
ピーナッツオイルを使うと香ばしさが増しますよ。

 ■材料(約4人前)

菜花・・・・・・・・・・・1束
キャベツ・・・・・・・・・4枚
オイルサーディン・・・・・4尾
イワシしょう油・・・・・・大さじ1
アンチョビー・・・・・・・1尾
ニンニク・・・・・・・・・2片
オリーブ油・・・・・・・・大さじ1
ピーナッツ油・・・・・・・小さじ2
粗挽き黒コショウ・・・・・小さじ1/3
塩・・・・・・・・・・・・少々
タカノツメ・・・・・・・・1本

●日本のナンプラーともいえる、醤醢(ひしお)が注目され色々売られています。写真のものはFOODEXでユウキ食品さんからサンプルでいただいた「いわし醤油」で、イワシを大豆と共に熟成、発酵させたものです。ほかの会社からはマグロ醤油なども出ています。つけタレや煮もの、炒めものに。和食だけでなく、洋風にも使えます。
 ■作り方

1. 菜花とキャベツを一口大に切って硬めに塩ゆでし、ザルに上げて水気を切る。
2. オリーブ油とピーナッツ油を入れたフライパンにニンニクをつぶしたものとタカノツメを入れ、香りが出るまで弱火で温める。
3. ニンニクの香りが出てきたら中火にし、刻んだアンチョビーと2つに切ったオイルサーディンを加え、続けてゆであげた菜花とキャベツを加える。
4. 全体に油が馴染んだら、イワシしょう油を回し、塩、粗挽き黒コショウで味を調え完成。

 ▲メモ
●味を調える前に入れたイワシしょう油は、大豆も入ったしょう油ベースの調味料なので、ナンプラーやニョクマムなどよりやわらかく使いやすく、炒め物やジャコ炒飯や鮭炒飯の隠し味にも使え、便利です。大きなスーパーなどで購入できます。ピーナッツオイルが無ければ、他の油をブレンドしてみてください。バターと合わせると洋風になります。

HOME ABOUT ME(プロフィール) CONTACT(お問い合わせ・メール) CAPINO(本体) LINK
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
■お問い合わせ、ご感想などはCONTACTからメールでお願いします。林真理の水彩画作品は、Mari Watercolor CafeCAPINOでご覧ください。
●掲載のレシピ、写真についてのお問い合わせ、取材のお申し込み、ご感想などは、林 真理へお寄せください。
■ページのトップへ                 08.04.2003--(C) CAPINO in Tokyo Japan


Ads by TOK2