ゴボウとワイルドライスのツナサラダ
■マリンレシピ/日本料理/和え物/サラダ/野菜/根菜/牛蒡/ワイルドライス/マヨネーズ

 ゴボウのマヨネーズサラダは一般的になりましたが、今回は、ワイルドライスとツナを使ってちょっとバリエーションをつけてみました。「ゴボウとワイルドライスのツナサラダ」です。ツナ缶はオイルごと全部入れてしまいます。家族にも大好評でアッという間になくなりました。簡単ですのでぜひお試しください。

 ■材料(約4人前)
ゴボウ・・・・・・・・・・100g
塩・・・・・・・・・・・・小さじ1

ワイルドライス・・・・・・大さじ1

ツナ缶・・・・・・・・・・1缶(約80g)
レモン汁・・・・・・・・・1/8個
粒マスタード・・・・・・・小さじ1
マヨネーズ・・・・・・・・大さじ4
コショウ・・・・・・・・・大さじ2
●ワイルドライスは、稲の原種であるイネ科マコモ属の草の実で、数千年も前から北米大陸のアメリカの先住民によって食べられていました。香ばしい香りとモチモチとした食感が魅力です。タンパク質、食物繊維、多くのビタミンやミネラルを含む、低脂肪の栄養豊かな天然の栄養食品で、ご飯に混ぜて炊いたり、スープに入れたり、また野菜感覚で使うことも出来ます。
●ゴボウは、皮をむかずタワシでこすって使います。
 ■作り方

1. ワイルドライスを柔らかくなるまで茹でる(約30分)。
2. ゴボウをやや太めの細切りにして塩を入れて茹でる。
3. 茹であがったらザルにとり、水気を切る。
4. ボールにゴボウを入れ、ワイルドライス、ツナを油ごと、粒マスタード、マヨネーズ、レモン汁、コショウを入れて和える。
5. 器に盛る

 ▲メモ
●ゴボウは、やや太めに切った方が歯ごたえもあり、味もよく分かるので美味しいと思います。カロリーが気になる方は、ツナ缶の油は捨ててください。ワイルドライスの変わりにレンズ豆などを使っても美味しいですよ。

HOME ABOUT ME(プロフィール) CONTACT(お問い合わせ・メール) CAPINO(本体) LINK
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
■お問い合わせ、ご感想などはCONTACTからメールでお願いします。林真理の水彩画作品は、Mari Watercolor CafeCAPINOでご覧ください。
●掲載のレシピ、写真についてのお問い合わせ、取材のお申し込み、ご感想などは、林 真理へお寄せください。
■ページのトップへ                 08.04.2003--(C) CAPINO in Tokyo Japan


Ads by TOK2