親子うどん
■マリンレシピ/日本料理/粉もの/鶏肉/卵/長ネギ

これは私の結婚する前からの得意料理でした
もう少し正直に言うと困ったときの親子うどん。
母が外出の時にピンチヒッターで食事の支度をしますが、娘の料理だからといって手放しに「美味しい!」とは言ってくれない父(笑)。
イマイチなものは誰が作ろうとイマイチ!という公正な審判も通ったのがこのひと品でした。
なので、簡単で、しかし確実に美味しい。
鶏出汁は体がとても温まります。寒い夜にどうぞ!

 ■材料(4人分)
鶏もも肉・・・・・・・・・280g
しょう油・・・・・・・・・大さじ2
酒・・・・・・・・・・・・大さじ1
長ネギ・・・・・・・・・・2本
サラダ油・・・・・・・・・小さじ1
卵・・・・・・・・・・・・5個

出汁つゆ・・・・・・・・・1200cc
●出汁つゆは関西風のかけつゆを使いました。出汁のページをご覧ください。
カツオ、昆布、シイタケベースです。お好みで関東風でもかまいません。この場合は、アゴ出汁やいりこ出汁より、カツオ、昆布の方が合うと思います。
わが家は手打ちうどんですが、冷凍うどんなどでもOKです。
 ■作り方

1. 鶏もも肉は、一口大に切り、分量のしょう油、酒に20分ほど漬ける
2. 長ネギは3センチの長さにぶつ切り。
3. フライパンにサラダ油をしき、長ネギを入れ香りが出てきたら鶏肉を入れ、軽く焼き目が付くまで焼く。
4. 3にうどんの出汁つゆを2カップほど入れ煮こむ。その間に卵を溶いておく。
5. 鶏肉に火が入ったら、卵の半量を入れフタをしてフライパンを揺すりながら煮る。
6. 残りの卵を入れ、半熟になったらできあがり。
7. 器にゆでたてのうどんを入れ、出汁つゆをかける。
8. 5の具を乗せて刻み海苔をふりいただく。

 ▲メモ
●親子丼の時は、ご飯なので濃いめの味付けで味醂や砂糖を使いますが、うどんの場合は甘さがしつこくなるので出汁つゆを入れるだけで充分です。お好みで三つ葉や絹さやなどを散らしてください。七味唐辛子をかけて召しあがれ。

HOME ABOUT ME(プロフィール) CONTACT(お問い合わせ・メール) CAPINO(本体) LINK
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
■お問い合わせ、ご感想などはCONTACTからメールでお願いします。林真理の水彩画作品は、Mari Watercolor CafeCAPINOでご覧ください。
●掲載のレシピ、写真についてのお問い合わせ、取材のお申し込み、ご感想などは、林 真理へお寄せください。
■ページのトップへ                 08.04.2003--(C) CAPINO in Tokyo Japan


Ads by TOK2