丸干しの天ぷら

■マリンレシピ/日本料理/揚げもの/魚介類/干物/鰯/郷土料理/信州

鰯の丸干しの天ぷらは、新鮮な海産物が手に入りにくかった信州で生まれた料理です。カルシウムやDHAなどが豊富な丸干しを、頭から尻尾まで骨ごと食べられるのが魅力です。丸干しの匂いをおさえるためにカレー粉と青海苔を入れるのがポイント。骨まで食べられるように2度揚げします。揚げると水分が抜けて固くなるので、乾ききったものより生干しぐらいのものの方が向いています。

 ■材料(1本分)

鰯の丸干し・・・・・・・・4尾

●衣
小麦粉・・・・・・・・・・1カップ
卵・・・・・・・・・・・・1個
冷水・・・・・・・・・・・1カップ
カレー粉・・・・・・・・・小さじ1
青海苔・・・・・・・・・・小さじ1

●丸干しの天ぷらは、油に臭いが付くので、他の材料を先に揚げておいて、最後に揚げてください。
 ■作り方
1. 丸干しを4つにぶつ切りにする。(小さいものなら2〜3に切る)
2. 衣をつけ、160度の油でじっくりと揚げる。
3. バットにあげて余熱で火を通す。
4. 3に薄く衣をつけて、180度の油でカラッと揚げる。
 ▲メモ

●鰯は、マイワシでもウルメイワシでもカタクチイワシでもかまいません。10センチ前後の小さな鰯なら小学生でも丸ごと食べられます。中学生以上でしたら15センチぐらいのものでも大丈夫です。カルシウムやDHAが必要な成長期の子供達にはピッタリのおかずです。そして話題のコエンザイムQ10が豊富で、お肌にもいいのが鰯です。


HOME ABOUT ME(プロフィール) CONTACT(お問い合わせ・メール) CAPINO(本体) LINK
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
■お問い合わせ、ご感想などはCONTACTからメールでお願いします。林真理の水彩画作品は、Mari Watercolor CafeCAPINOでご覧ください。
●掲載のレシピ、写真についてのお問い合わせ、取材のお申し込み、ご感想などは、林 真理へお寄せください。
■ページのトップへ                 08.04.2003--(C) CAPINO in Tokyo Japan


Ads by TOK2