白レバー入り焼き鳥親子丼
■マリンレシピ/日本料理/ご飯もの/丼/肉類/鶏肉/白レバー

親子丼は、わが家もみんな大好きです。
これは、わが家流の焼き鳥親子丼です。タレにつけて焼くことで香ばしさが出ます。また、白レバーを使うことでコクが出ます。
煮こむと臭みが出るレバーも、焼けば香ばしくいただけます。コツは、焼いてあるので煮こみすぎないことです。
ひと味違う親子丼です。白レバーは、なかなか手に入らないので普通のレバーでもかまいません。また砂肝や心臓を入れても美味しい親子丼になります。野菜は三つ葉でもOKです。また、普通のレバーを使ったときは、笹がきゴボウを入れても美味しくなります。

 ■材料(1本分)

ご飯・・・・・・・・・・・丼4杯分
鶏もも肉・・・・・・・・・200g
鶏白レバー・・・・・・・・200g
●つけダレ
しょう油・・・・・・・・・50cc
酒・・・・・・・・・・・・50cc
味醂・・・・・・・・・・・大さじ1

タマネギ・・・・・・・・・中1個(100g)
長ネギ・・・・・・・・・・1本
エノキダケ・・・・・・・・60g
卵・・・・・・・・・・・・6個

●つゆ
出汁・・・・・・・・・・・1カップ
砂糖・・・・・・・・・・・大さじ2
味醂・・・・・・・・・・・大さじ2
しょう油・・・・・・・・・大さじ5

パセリ・・・・・・・・・・少々
もみ海苔・・・・・・・・・少々
七味唐辛子・・・・・・・・少々
 ■作り方
1. 白レバーは、筋や血合い、変色した部分を取り除き一口大に切り水洗いし、20分ぐらい水につけて血抜きをし、水気を取る。
2. 鶏もも肉は一口大に切る
3. 12をつけダレに15分つける。
4. 3を網でこんがりと焼く。
5. タマネギは、薄切り、長ネギは斜め切り、エノキダケ3センチぐらいに切っておく。つゆの材料を混ぜておく。
6. 浅い鍋かフライパンにつゆを入れて火にかける。
7. タマネギと長ネギを全体に広げるように入れ、その上に鶏肉と白レバーを散らし、ふたをしてやや弱めの火で静かに煮る。
8. 火が通ったら、半量の卵を箸で受けて糸のように細くたらしながら平均に流し入れる。(鶏は焼いてあるので煮すぎないこと)
9. 鍋を静かに左右に振りながら、箸で中心を軽くまぜ、つついて卵が中までいきわたるようにする。
10. どんぶりにごはんを盛る。
11. 火が通ったら残りの卵を入れ、好みの固さでに火を止める。(煮すぎないこと)
12. ごはんの上に鍋からするりと移し、パセリのみじん切りともみ海苔、好みで七味唐辛子をかけていただく。
 ▲メモ

●鶏の白レバーは、鶏のフォアグラといわれるほど美味で、フランス料理や料亭、和食の店で使われます。なかなか普通の店では手に入りません。高級スーパーか鶏肉専門店でも置いているところは少ないと思います。どうしても食べたいという方は、なんとか探してみてください。
●西洋料理で、白レバーのムースのパスタを紹介しています。


HOME ABOUT ME(プロフィール) CONTACT(お問い合わせ・メール) CAPINO(本体) LINK
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
■お問い合わせ、ご感想などはCONTACTからメールでお願いします。林真理の水彩画作品は、Mari Watercolor CafeCAPINOでご覧ください。
●掲載のレシピ、写真についてのお問い合わせ、取材のお申し込み、ご感想などは、林 真理へお寄せください。
■ページのトップへ                 08.04.2003--(C) CAPINO in Tokyo Japan


Ads by TOK2