ほうじ茶鮎飯
■マリンレシピ/日本料理/炊き込みご飯/魚介/鮎

鮎が解禁になると、夏が来るなと思います。
鮎の香りは、夏そのものの香りですね。
信州の千曲川は、神奈川の相模川のように鮎漁が盛んです。
その美味しい鮎をほうじ茶で炊いてみました。
そのマッチングは、絶妙ですよ。

 ■材料(4人分)

ほうじ茶・・・・・・・・・小さじ1
鮎・・・・・・・・・・・・4尾〜5尾
米・・・・・・・・・・・・3合
出汁・・・・・・・・・・・2カップ
塩・・・・・・・・・・・・小さじ1/2
醤油・・・・・・・・・・・大さじ2
みりん・・・・・・・・・・大さじ1

●出汁は、カツオと昆布で。
 ■作り方
1. 米は研いで水気を切っておきます。鮎のはらわたをとり、塩を振っておきます。
  ほうじ茶に450ccの熱湯を入れて、ほうじ茶を出しておきます。
2. 1の鮎を焼きます。
3. 1のほうじ茶と出汁、調味料をよく混ぜ、1の米と合わせて炊きます。
4. 3が沸騰してきたら焼いた鮎を入れ炊きあげます。
5. 炊きあがったら、鮎を取り出し身をほぐし、ご飯と混ぜ合わせます。のりをかけていただきます。
 ▲メモ

●わさびを添えても美味しくいただけます。


HOME ABOUT ME(プロフィール) CONTACT(お問い合わせ・メール) CAPINO(本体) LINK
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
■お問い合わせ、ご感想などはCONTACTからメールでお願いします。林真理の水彩画作品は、Mari Watercolor CafeCAPINOでご覧ください。
●掲載のレシピ、写真についてのお問い合わせ、取材のお申し込み、ご感想などは、林 真理へお寄せください。
■ページのトップへ                 08.04.2003--(C) CAPINO in Tokyo Japan


Ads by TOK2