干しホタルイカの炒め煮
■マリンレシピ/日本料理/炒めもの/乾物/干しホタルイカ/切り干しダイコン/郷土料理/信州

春になると、富山湾ではホタルイカ漁が始まります。
今でこそホタルイカの刺身が食べられますが、昔はゆでたものと乾物だけでした。その干したホタルイカを信州の地大根の切り干しダイコンと炒め煮にした料理です。私は信州の義母から習いましたが、地元では昔から食べられていたようです。
干しホタルイカの乾物の旨味と天日干しの切り干しダイコンの旨味が合わさって、本当に美味しいおかずになりました。

 ■材料(4人分)

切り干しダイコン・・・・・100g
ニンジン・・・・・・・・・1本
油揚げ・・・・・・・・・・1枚
干しホタルイカ・・・・・・40g
酒・・・・・・・・・・・・50cc
味醂・・・・・・・・・・・大さじ1
出汁の素・・・・・・・・・小さじ1
しょう油・・・・・・・・・大さじ2

●煮込み具合で、もどし汁の量は加減してください。しょう油の量もそれに準じて入れてください。
 ■作り方
1. 切り干しダイコンと干しホタルイカを、それぞれボウルに入れ、ひたひたの水でもどす(約30分)。(もどし汁は後で使う)
2. もどした切り干しダイコンはざく切り、ニンジンと油揚げは千切りにする。
3. フライパンに油を入れ熱し、材料をすべて入れて炒める。
4. 炒まってきたら、酒、味醂、出汁の素、もどし汁を適量入れて煮込む。
5. しょう油を入れて煮込み、味を調える
 ▲メモ
●干しホタルイカは、東京ではなかなか見ませんが、信州では普通に売られています。シンプルな料理ですので、美味しい天日干しの地大根の切り干しダイコンを手に入れることがポイントです。レシピの分量は、やや多めです。副菜としてなら、この半量でいいでしょう。私はたくさん作って常備菜にします。また和風出汁の代わりに「早漬け一番」という化学調味料無添加の漬物用液を出汁代わりに入れたりします。切り干しダイコンとホタルイカから美味しい出汁が出るので、出汁を濃いめにする必要はありません。材料の力が弱いなと感じたら、ホタテパウダーを入れるといいでしょう。

HOME ABOUT ME(プロフィール) CONTACT(お問い合わせ・メール) CAPINO(本体) LINK
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
■お問い合わせ、ご感想などはCONTACTからメールでお願いします。林真理の水彩画作品は、Mari Watercolor CafeCAPINOでご覧ください。
●掲載のレシピ、写真についてのお問い合わせ、取材のお申し込み、ご感想などは、林 真理へお寄せください。
■ページのトップへ                 08.04.2003--(C) CAPINO in Tokyo Japan


Ads by TOK2