ちくわと冬野菜の味噌炒め

■マリンレシピ/日本料理/炒めもの/野菜/ニンジン/地大根/ちくわ/青大豆/郷土料理/信州

冬野菜の甘さを活かした信州の素朴なおかずです。
大根は、凍み大根や干し大根ならもっと本格的です。
素朴なだけに、霜に当たった甘い野菜が必須です。
 ■材料
ちくわ・・・・・・・・・・・1本
ニンジン・・・・・・・・・・1本
地大根・・・・・・・・・・・1/2本
長ネギ・・・・・・・・・・・1本
白菜・・・・・・・・・・・・4枚
茹で青大豆・・・・・・・・・カップ1/2
出汁粉(いりこ出汁顆粒)・・大さじ2
酒・・・・・・・・・・・・・大さじ3
味醂・・・・・・・・・・・・大さじ2
味噌・・・・・・・・・・・・大さじ2
七味唐辛子・・・・・・・・・少々

出汁粉と日本酒・みりんを加えて炒め煮にするような感じです。出汁粉は、いりこやアジの乾燥粉末などを合わせた出汁粉です。たっぷりと入れましょう。富士宮焼きそばのような香ばしさが出ます。いりこ出汁顆粒の場合は、濃縮ですので減らしてください。最後に七味唐辛子をまわします。
●かつお出汁で作るときは、最後に花鰹をたっぷりとのせるといいでしょう。

 ■作り方
1. ちくわは3ミリ厚に切る。
2. ニンジン、大根は、いちょう切りに。長ネギは1センチのぶつ切り。
3. フライパンに大さじ1の炒め油を熱し、強火で火の通りにくいものから炒める。
3. 火が通ったら、酒を入れ、いりこ出汁を加え、フタをして炒め煮する。
4. 火が通ったら、味醂と味噌を加え混ぜて炒め煮する。焦げ付くようなら酒を加える。
5. 器に盛り、七味唐辛子をふりかける。
 ▲メモ
●ウドが出回り始めたら入れると、さらに美味しくなります。レンコンなども向いています。この料理のポイントなんですが、甘く美味しい冬野菜はもちろん必須なんですが、問題は竹輪なんです。普通に売られている竹輪ではだめなんです。信州では昔、普通に売られていたサメの肉が入ったものでないと、オリジナルの深い味はでないんです。これが最近は、なかなか手に入らないんです。年輩の方には、魚肉ソーセージのように、きっと懐かしい味だと思います。

HOME ABOUT ME(プロフィール) CONTACT(お問い合わせ・メール) CAPINO(本体) LINK
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
■お問い合わせ、ご感想などはCONTACTからメールでお願いします。林真理の水彩画作品は、Mari Watercolor CafeCAPINOでご覧ください。
●掲載のレシピ、写真についてのお問い合わせ、取材のお申し込み、ご感想などは、林 真理へお寄せください。
■ページのトップへ                 08.04.2003--(C) CAPINO in Tokyo Japan


Ads by TOK2