カレーうどん

■マリンレシピ/日本料理/粉もの/うどん/豚肉

カレーうどんは、みんな大好き。
わが家では、つゆをカレー味にしてしまうものと、つゆは普通に作り、その上にカレー味の具をかけていただくものとあります。これはかけていただくものです。また、とろみをつけるものとつけないものがあります。
ナンプラーが隠し味です。海老醤や魚醤も合います。
また、カツオを一切使わず、焼きアゴ・鰺粉・鯖粉・鰯粉・帆立・昆布・干し椎茸の水出しの出汁で作ると、深みのある美味しいカレーうどんになります。
 ■材料
うどん・・・・・・・・・・4玉
つゆ・・・・・・・・・・・丼4杯
●具
豚肉・・・・・・・・・・・240g
タマネギ・・・・・・・・・大1個
エノキダケ・・・・・・・・1袋
カレー粉・・・・・・・・・大さじ1
カレールー・・・・・・・・1片
ナンプラー・・・・・・・・小さじ1
おろしショウガ・・・・・・小さじ2

●うどんの作り方は「手打ちうどん」のページで。
●出汁つゆの作り方は「出汁/つゆ」のページで。

●右の写真は、つゆをカレー味にしたもの。ズッキーニ、インゲン、新タマネギなど初夏の野菜を中心にニンジン、エリンギと野菜たっぷり。干しアミと鯛の醤醢(ひしお)が隠し味です。牛乳を1/2カップほど加えてまろみを出しています。盛りつけに添えたレタスが、また美味しいんです。

 ■作り方

●具
1. フライパンに油を敷き、おろしショウガを入れて香りをつけ、豚肉を炒める。

2. 丼1杯のつゆとナンプラーを入れ、エノキダケを入れて煮る。
3. 弱火にしてカレールーを入れ、煮溶かす。
4. カレー粉を入れ味を見る。辛味が足りないようだったら、カレー粉か一味唐辛子を足す。
5. 丼にゆでたうどんを入れ、つゆをはり、カレーの具をかける。

●小麦粉は、信州千曲市のJAあんず店で買い求めた農家の方手作りの「ゆめせいき」。幻の「伊賀筑オレゴン」と共に最近注目の小麦粉です。もっちりとした独特のコシと、なにより小麦粉の旨味があります。出汁は、焼きアゴとメジマグロの粉・上粉・昆布・シイタケです。
 材料は、豚肩肉・タマネギ・ニンジン・長ネギですが、好みでキノコや季節の野菜を入れるといいでしょう。ニンジンは切るのではなく、つくのがポイントです。こうすると旨味がよくでます。
 カレーは、市販の辛口のルーにカレーうどん用に特別にブレンドされたカレー粉を加えています。かなりカレー粉と出汁が強いので4人分の量に牛乳1カップを入れてまろやかにしています。これをご飯にかけても美味です。
 ▲メモ
●カレー粉は、専門店でカレーうどん用にブレンドされたものを使っています。市販のカレールーと合わせてもいいでしょう。また、鶏ガラスープと炒めた小麦粉で、自家製のカレールーを作ってもいいですね。
●右のカレーうどんは、出汁の隠し味に蝦露(シャールー)というタイの海老の醤醢(ひしお)を使って味にコクと深みを出しています。

HOME ABOUT ME(プロフィール) CONTACT(お問い合わせ・メール) CAPINO(本体) LINK
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
■お問い合わせ、ご感想などはCONTACTからメールでお願いします。林真理の水彩画作品は、Mari Watercolor CafeCAPINOでご覧ください。
●掲載のレシピ、写真についてのお問い合わせ、取材のお申し込み、ご感想などは、林 真理へお寄せください。
■ページのトップへ                 08.04.2003--(C) CAPINO in Tokyo Japan


Ads by TOK2