冷や汁
■マリンレシピ/日本料理/ご飯/丼/野菜/キュウリ/魚介/アジ

冷っ汁は、入れるものを変えて日本全国にあるようですね。
暑い日本の夏を乗り切るために先人達が考え出した料理です。
わが家のは、アジの干物を使います。
隠し味に酒粕を入れるのがポイントです。
みなさんのご家庭でも、ひょっとしたらオリジナルの冷っ汁があるのではないでしょうか。
 ■材料
昆布・・・・・・・・・・・2枚
アジの干物・・・・・・・・4枚
丸ナスまたは水ナス・・・・1〜2個
キュウリ・・・・・・・・・2本
博多ネギ・・・・・・・・・4〜6本
シソの葉・・・・・・・・・大5枚
ミョウガ・・・・・・・・・2個
味噌・・・・・・・・・・・大さじ4
酒粕・・・・・・・・・・・大さじ1
白ゴマ・・・・・・・・・・大さじ5ほど
ショウガ・・・・・・・・・1片
シソの実の塩漬け・・・・・適量
●だし汁の材料
水・・・・・・・・・・・・6〜8カップ
上粉(かつお節粉末)・・・・大さじ5
干し椎茸・・・・・・・・・1枚
昆布・・・・・・・・・・・8センチ

味噌は生の方が、夏バテ効果のある効能を発揮するそうで、昔の人は味噌の良さをよく知っていたんだなあと思う一品です。これぞ真夏の完全食ですね。豆腐を入れる地方もあるようですが、どうしても味がぼけるので、私は別に冷や奴でいただくようにしています。
簡単で身近な材料で出来る冷っ汁。暑い夏に、お試しください。
●プロセスの載った詳しい作り方は、こちらです

 ■作り方

1. 出汁は、早めに作って冷蔵庫で冷やしておく。
2. アジの干物を焼く。焼いたらほぐして骨を取り除く
3. すり鉢にアジ2枚分、味噌、ゴマを一緒にまぜ、すって逆さにしても落ちないぐらいにペースト状にする。
4. キュウリ、ナス、ミョウガをスライスしたりみじんに切ったりして塩をまぶしておく。
  水っぽくならないよう、塩の浸透圧で余分な水分とアクを抜いてから絞っておく。抜けたら酒粕とあえる。
5. すり鉢をガスレンジに逆さまにして、弱火でアジのペーストに焦げ目をつける。
6.
 すり鉢に、冷やしておいた出汁を入れて混ぜる。
7. 4の野菜を加える。
8. ほぐした残りのアジ、小ネギ、青ジソ、ショウガを加える。あれば赤紫蘇の実の塩漬けを入れると風味が増す。
9. アジの塩分などで塩加減が変わるので、ここで味見して塩気が足りなければ、生の味噌を加える
10. 熱々ご飯にかけていただく。

 ▲メモ
●食欲のない時でも、サラサラと食べられます。酒粕を入れれば大人の味になります。本当に暑い日には、8の段階で氷を入れてもOKです。
 5の調理は、気を付けないと味噌が落ちてしまいます。大きめの皿に平らにのばしてオーブンで焼くと簡単です。

HOME ABOUT ME(プロフィール) CONTACT(お問い合わせ・メール) CAPINO(本体) LINK
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
■お問い合わせ、ご感想などはCONTACTからメールでお願いします。林真理の水彩画作品は、Mari Watercolor CafeCAPINOでご覧ください。
●掲載のレシピ、写真についてのお問い合わせ、取材のお申し込み、ご感想などは、林 真理へお寄せください。
■ページのトップへ                 08.04.2003--(C) CAPINO in Tokyo Japan


Ads by TOK2