恵方巻き
■マリンレシピ/日本料理/寿司

本来は関西地方の風習のようですが、コンビニの宣伝で今では関東でも一般的?になりました。元は江戸時代の末期に大阪の船場で始まった風習のようですが、一度廃れたものを、昭和50年代に復活させ、後にスーパーやコンビニによって全国に広まったようです。
バレンタインチョコと同じく、業界が仕掛けた風習ですね。
具は、巻きずしに使うもので、節分の頃にあるものならなんでもOK。たくさん入れて太〜い豪華な恵方巻きもいいですね。
みんなで太く大きく作って家内安全を祈りましょう。

 ■材料(4人分)

●寿司飯
米・・・・・・・・・・・・3合
黒酢・・・・・・・・・・・大さじ3と1/2
砂糖・・・・・・・・・・・大さじ1
塩・・・・・・・・・・・・小さじ1と1/3
昆布・・・・・・・・・・・1枚

●具
焼きアナゴ・・・・・・・・・3尾
マグロ・・・・・・・・・・・100g
カニ脚・・・・・・・・・・・2本
卵焼き・・・・・・・・・・・卵2個分
椎茸の旨煮・・・・・・・・・椎茸5個分
ニンジンの旨煮・・・・・・・1本分
カンピョウの旨煮・・・・・・40g
キュウリ・・・・・・・・・・1本
茹でたホウレン草・・・・・・1束

 ■作り方

●下ごしらえ
1.  椎茸、ニンジン、カンピョウの旨煮は一緒に作る。
2. 干し椎茸とカンピョウは水でもどす。カンピョウは1回ゆでこぼす。
3. 2を出汁200cc、味醂30cc、砂糖10g、しょう油大さじ2で煮含め、冷ます。
4. 椎茸とニンジンは、煮て5ミリ角のスティック状に切る。
5. 焼きアナゴとマグロはスティック状に切っておく。
6. ホウレン草は洗ってラップして電子レンジで加熱、4センチに切る。
●巻きずし作り
1. 海苔はつるつるの面を合わせて弱火であぶる。
2. 巻きすにつるつるの面を下にして海苔を横置きにし、俵型にとった寿司飯を平らに広げる。
3. 具を並べ、巻きすでしっかりと巻く。
4. その年の恵方向に向かって、祈念しながら切らずに一本を食べ尽くす
。その間しゃべってはいけない。

 ▲メモ
●具は、家族が好きなものを入れましょう。しかし、なんでも入れればいいというものでもありません。取り合わせには注意しましょう。ホウレン草は切っておかないとかみ切れずズルズルと出てきてしまいます。

HOME ABOUT ME(プロフィール) CONTACT(お問い合わせ・メール) CAPINO(本体) LINK
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
■お問い合わせ、ご感想などはCONTACTからメールでお願いします。林真理の水彩画作品は、Mari Watercolor CafeCAPINOでご覧ください。
●掲載のレシピ、写真についてのお問い合わせ、取材のお申し込み、ご感想などは、林 真理へお寄せください。
■ページのトップへ                 08.04.2003--(C) CAPINO in Tokyo Japan


Ads by TOK2