ヒコイワシの薩摩揚げ
■マリンレシピ/日本料理/揚げ物/魚介/イワシ/シコイワシ/背黒鰯

新鮮なヒコイワシが手に入ったら作りましょう。
まるごと食べれば、DHAやカルシウムもとれる完全食。
大きく作るのがポイントです。
冷めても美味しいのでお弁当にも。
子供たちも大好きです。
 ■材料(4人分)
ヒコイワシ・・・・・・・・・400g
ヒジキ・・・・・・・・・・・
100g
ニンジン・・・・・・・・・・1本
長ネギ・・・・・・・・・・・1本
椎茸・・・・・・・・・・・・3個
長芋・・・・・・・・・・・・100g
日本酒・・・・・・・・・・・大さじ2
味噌・・・・・・・・・・・・大さじ3
豆板醤・・・・・・・・・・・少々
生姜・・・・・・・・・・・・小1個
卵・・・・・・・・・・・・・2個
●ヒコイワシは、ナンプラーやオイルサーディンにもなります。こんなに安くて栄養価が高く、美味しい食材を放っておく手はありませんね。

●魚は、アジやサンマでも美味しくできます。ただし骨が硬いので三枚に下ろして使います。サンマは、新鮮なものでしたら内臓も入れてしまいましょう。豆板醤は入れなくてもOKです。野菜はエノキダケやエリンギ、マイタケなどをみじん切りにして入れても美味ですし、笹がきゴボウや長芋の代わりにレンコンの摺りおろしたものを入れても美味しくできます。
 ■作り方
1. ヒコイワシは丸ごと、味噌、生姜、日本酒を入れ、背骨が指で触って小さな粒になるまで、念入りにフードプロセッサーにかける。
2. ボールに長芋を摺りおろし、ヒジキを入れる。
3. ニンジン、長ネギ、椎茸をみじん切りにして入れる。
4. 上のイワシと豆板醤、卵を入れ、全体をよく混ぜ合わせる。
5. フライパンに1.5センチほど油を入れる。大きなスプーンか、ご飯しゃもじで鰯を形作り、中火でじっくり揚げる。
6. ひっくり返して両面を揚げる。あげ際に強火にして油を切る。強火のまま次のタネを入れ、中火に下げる。
★好みで生姜醤油や、豆板醤をつけていただく。ゆでた筍、緑豆やおから、蓮根、よく水を切った豆腐を入れても美味しい。また、豆板醤の代わりにナンプラーを入れても美味しい。甘辛しょう油のタレでからめればお弁当のおかずにピッタリ。
 ▲メモ
なるべく新鮮なものを使ってください。大判で揚げた方が、旨味が閉じこめられて美味しくなります。
 中火でじっくり揚げれば、骨の粒は気になりませんが、気になるようなら頭と中骨は、別にすり鉢であたってください。

HOME ABOUT ME(プロフィール) CONTACT(お問い合わせ・メール) CAPINO(本体) LINK
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
■お問い合わせ、ご感想などはCONTACTからメールでお願いします。林真理の水彩画作品は、Mari Watercolor CafeCAPINOでご覧ください。
●掲載のレシピ、写真についてのお問い合わせ、取材のお申し込み、ご感想などは、林 真理へお寄せください。
■ページのトップへ                 08.04.2003--(C) CAPINO in Tokyo Japan


Ads by TOK2