マスタケのフライ
■マリンレシピ/日本料理/揚げ物/キノコ

マスタケはタコウキン科の木材腐朽菌で、深い森の中のミズナラなどの広葉樹枯木上に、扇が重なるように生えます。
若いときは肉の色が、魚のマスのような色をしています。
その若いものをフライにしていただきす。鶏肉のような食感で、なかなか美味しいキノコです。
 ■材料(4人分)

マスタケ・・・・・・・・適量
卵・・・・・・・・・・・適量 
小麦粉・・・・・・・・・適量 
パン粉・・・・・・・・・適量
塩・・・・・・・・・・・適量

●マスタケやエリンギのように肉質がしっかりしているキノコは、フライにすると美味しく食べられます。

 ■作り方

1. 固いところを切り取り、適当な大きさに切り分けたマスタケに軽く塩をふり、あとは普通のフライのように衣をつけて油で揚げる。

 ▲メモ

●栽培のエリンギやマッシュルームなどと比べると火が通りにくいキノコです。生食すると中毒するので、中火でじっくりと中まで火が通るように揚げてください。パン粉は、フードプロセッサーで粉砕した細かいものの方がいいでしょう


HOME ABOUT ME(プロフィール) CONTACT(お問い合わせ・メール) CAPINO(本体) LINK
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
■お問い合わせ、ご感想などはCONTACTからメールでお願いします。林真理の水彩画作品は、Mari Watercolor CafeCAPINOでご覧ください。
●掲載のレシピ、写真についてのお問い合わせ、取材のお申し込み、ご感想などは、林 真理へお寄せください。
■ページのトップへ                 08.04.2003--(C) CAPINO in Tokyo Japan


Ads by TOK2