ブナハリタケ炊き込みご飯
■マリンレシピ/日本料理/ご飯/キノコ/ブナハリタケ

秋にブナの森へ行くとブナハリタケが採れます。
柑橘系の香りがする美味しいキノコです。
炊き込みご飯にすると松茸ご飯のような香りがします。
一度食べたら忘れられない秋の恵みです。
そのまま炊き込むレシピと他の材料と合わせて炒めてから炊き込むレシピを紹介します。
●天然キノコの下処理
1. ボールに水を張り塩ひとつかみとキノコを入れ30分から1時間置き、
  虫を出す。軸が中空なものは、傘からはずし中の虫が出やすいようにする。
2. 浮いたゴミを取り、水を替える。
3. 爪楊枝でヒダのあいだの小さなゴミを取る。
4. 最後にもう一度水洗いしてザルに上げる。
  ブナハリタケは、水分をたくさん含むので少し絞って水分を抜いておく。
 ■材料1(4人分)  ■材料2(4人分)

ブナハリタケ・・・・・・・約200〜400g
米・・・・・・・・・・・・2カップと2/3
もち米・・・・・・・・・・1/3カップ
水・・・・・・・・・・・・600cc
(水の量は、キノコの水分量にもよるので最後に調整する)
コブ・・・・・・・・・・・8センチ
酒・・・・・・・・・・・・大さじ2
塩・・・・・・・・・・・・小さじ1
しょう油・・・・・・・・・大さじ2

ブナハリタケ・・・・・・・約160g
ニンジン・・・・・・・・・100g
ヒジキ・・・・・・・・・・50g
油揚げ・・・・・・・・・・1枚
だだ茶豆(殻つき)・・・・200g
サラダ油・・・・・・・・・大さじ1
味醂・・・・・・・・・・・大さじ1
しょう油・・・・・・・・・大さじ1

米・・・・・・・・・・・・2カップと2/3
もち米・・・・・・・・・・1/3カップ
水・・・・・・・・・・・・550cc
(水の量は、キノコや野菜から出る水分量にもよるので最後に調整する)
コブ・・・・・・・・・・・8センチ
酒・・・・・・・・・・・・大さじ2
塩・・・・・・・・・・・・小さじ1
味醂・・・・・・・・・・・大さじ1
しょう油・・・・・・・・・大さじ1.5

 ■作り方1  ■作り方2
●下準備
  米を洗ってザルに上げ、30分〜1時間おく。
●ご飯を炊く
1. ブナハリタケは、ひとくちサイズにちぎる。
2. 材料をすべて釜に入れ炊く。
●下準備
  米を洗ってザルに上げ、30分〜1時間おく。
●ご飯を炊く
1. ブナハリタケは、ひとくちサイズにちぎる。ニンジンは細切りか笹がき、油揚げは小さく切る。ヒジキは洗ってザルにあげておく。だだ茶豆は、塩湯でして皮から出しておく。
2. 温めたフライパンにサラダ油を入れ、ニンジン、ヒジキ、油揚げを炒める。
3. 2に半分ぐらい火が通ったらブナハリタケを入れさっと炒める。
4. 味醂、しょう油を入れてさっと炒めたら火を止める。
5. といだ米に4をのせて炊きあげる。
6. 炊きあがったら、だだ茶豆を入れ、軽く混ぜてよそう。
 ▲メモ
●最初のレシピは、ブナハリタケを味わうために他のものは入れませんでしたが、充分に美味しくできました。キノコの量はお好みで。
 もち米を1割ほど入れると歯ごたえが良くなります。二番目のレシピは、笹がきゴボウを入れても美味しくいただけます。

HOME ABOUT ME(プロフィール) CONTACT(お問い合わせ・メール) CAPINO(本体) LINK
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
■お問い合わせ、ご感想などはCONTACTからメールでお願いします。林真理の水彩画作品は、Mari Watercolor CafeCAPINOでご覧ください。
●掲載のレシピ、写真についてのお問い合わせ、取材のお申し込み、ご感想などは、林 真理へお寄せください。
■ページのトップへ                 08.04.2003--(C) CAPINO in Tokyo Japan


Ads by TOK2