きんぴらゴボウ・ひき肉入り
■マリンレシピ/日本料理/炒めもの/野菜/ゴボウ

信州のおじいちゃんが作ったゴボウは味が濃いんです。
きんぴらゴボウは、それだけでは子供たちにはちょっとボリューム不足。ひき肉や鶏肉を入れれば、強力。
お弁当のおかずにもピッタリです。
 ■材料(4人分)
牛ひき肉・・・・・・・・・100g
ゴボウ・・・・・・・・・・1本
ニンジン・・・・・・・・・1本
酒・・・・・・・・・・・・大さじ3
みりん・・・・・・・・・・大さじ1
和風だし・・・・・・・・・少々
しょう油・・・・・・・・・大さじ2
サラダ油・・・・・・・・・大さじ1
炒りゴマ・・・・・・・・・少々
ゴマ油・・・・・・・・・・少々
七味唐辛子・・・・・・・・少々
●ゴボウは、たわしで洗って斜めにスライスし、それを縦に細切りにします。こうすると全てのゴボウに美味しい皮の部分がつきます。
●ゴボウ、ニンジンに甘みや旨味が充分にあるときは、なるべく砂糖を使わないようにしています。
●七味唐辛子は一味でもOK。わが家はおじいちゃん手作りの七味唐辛子です。
 ■作り方
1. ゴボウ、ニンジンは細切り。(すぐに炒めるときはアク抜き不要)
2. フライパンに油を入れひき肉、ゴボウ、ニンジンを炒める。
3. 酒・みりんを入れ、和風だしを加え、しょう油を入れて炒める。
4. 七味唐辛子をふり、仕上げにゴマ油をまわして香りをつける。
5. 器に盛り、摺りゴマをかける。
 ▲メモ
●ゴボウの食感を楽しむには、笹がきより細切りの方がいいでしょう。
 鶏肉や鴨肉でも美味しくなります。
 ゴボウは、ハンバーグやトマトシチューなど洋風料理にも意外なほど合います。

HOME ABOUT ME(プロフィール) CONTACT(お問い合わせ・メール) CAPINO(本体) LINK
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
■お問い合わせ、ご感想などはCONTACTからメールでお願いします。林真理の水彩画作品は、Mari Watercolor CafeCAPINOでご覧ください。
●掲載のレシピ、写真についてのお問い合わせ、取材のお申し込み、ご感想などは、林 真理へお寄せください。
■ページのトップへ                 08.04.2003--(C) CAPINO in Tokyo Japan


Ads by TOK2