家常餅(ジアチャンビン)・ピタパン・おやき

■MORI MORI RECIPE/中華料理/焼きもの/粉もの/中力粉/小麦粉/ビン

餅(ビン)は、中国のおやき。
ジアチャンビンは、間に塩と油を入れて層になるように焼いたものです。塗る油や挟むものを変えれば、洋風にもエスニックにもなります。覚えるとこれは便利。アウトドアにも持っていけます。
自家製の東坡肉(トン・ポォ・ロウ)を挟めば最高です。
作り方を覚えれば、色々なものを挟んでバリエーションも増えます。
慣れれば20分ぐらいで作れるので休日のランチにも最適。
知り合いの中国人の方もよく作るそうです。
 ■材料 4枚分(4人分)

中力粉・・・・・・・・・・400g
ぬるま湯・・・・・・・・・200cc
塩・・・・・・・・・・・・小さじ1/3×4
サラダ油・・・・・・・・・小さじ1×4
焼き油・・・・・・・・・・小さじ1×4

●生地に塗る油を、サラダ油からゴマ油にすれば、より香り豊かな中華風。バターにすれば洋風。オリーブ油にすればピタパンと応用がききます。
●それに合わせて挟むもので、和風、中華風、洋風、エスニックと変化します。
●長芋を50gほど混ぜると軽い仕上がりになります。
●二つに切らずに長ネギなどの具を挟み、長いまま渦巻き状にしてからのして焼くやりかたもあります。
 ■作り方

1 材料を用意する。


2 小麦粉をぬるま湯で、弾力が出るまでよく練る。

3 生地を二つに分け、打ち粉をし、麺棒で25×18センチの四角にのばす。2枚作る。

4 片面に塩をふり、その上に真ん中を開けて両側にサラダ油、小さじ1を丸く流す。

5 長い辺を芯にして、油を塗った面を内側にクルクルと丸める。

6 端をつまんでしっかりふさぐ。
 (蒸気を逃がさないため)

7 半分に切り、切り口をふさぐ。

7 立てて90度にひねり、つぶす。

8 つぶした状態。

9 打ち粉をし、麺棒で直径18センチの円に伸ばす。同じものを4枚作る。

10 フライパンにサラダ油小さじ1を入れ、フタをして中弱火で1〜2分秒ほど焼き、焼き目がついたらひっくりかえす。
フタをせずに1〜2分焼き、焼き目がついたら、もう一度ひっくり返し10秒ほど焼く。
★焼き時間は、火加減などで変わります。焼き目を見て加減してください。
 ■食べ方
一枚を半分にに切り、間に中華炒めをはさんで食べる。肉味噌や豚の角煮、青椒牛肉絲、北京ダックなど。
洋風にバターやオリーブオイルで焼いたときは、洋風の中身にすると美味くいただけます。
 ▲メモ
●生地に塗る油を、ゴマ油やサラダ油にすると中華に。青椒牛肉絲や東坡肉(トン・ポォ・ロウ)を挟んで食べます。バターやオリーブオイルにすると洋風に。チリコンカルニやトリッパ、ビーフシチューなんかを挟むのもいい。他にもピーナッツオイルやグレープシードオイル、ココナッツオイルなんかも美味。もちろん豚のショウガ焼きをたっぷりの千切りキャベツと挟んだり、ナスやニラの味噌炒めを挟んでもOK。アイデアでいくらでも応用が利くのがこのパンのいいところです。焼いておいてアウトドアランチにも最適です。
●4の状態で、ネギや腸詰めなどの具を一緒に巻いて6の状態から渦巻き状にまるめ、つぶして焼く方法もあります。

HOME ABOUT ME(プロフィール) CONTACT(お問い合わせ・メール) CAPINO LINK

■お問い合わせ、ご感想,取材のお申し込みなどはCONTACTから林 盛幸へメールでお願いします。
MORI MORI KIDS(トレッキング・フォトレポート・横浜中華街のレポート・キノコ狩りと料理も)ものぞいてみてください。
■ブラジル旅行記、ブラジルやアマゾンのグルメについては、危機一髪抱腹絶倒のフォトエッセイ「AMAZON.JP」をご覧ください。

■ページのトップへ               08.04.2003(C) CAPINO in Nagano & Tokyo Japan
Ads by TOK2