オッソブッコ(牛すね肉のトマト煮込み)

■MORI MORI RECIPE/西洋料理/煮込み料理/牛肉/すね肉/トマト/イタリア

オッソブッコは、イタリアはミラノのマンマの味。
レストランで出されるのは、骨付きのすね肉。
上品に野菜は入っていなかったりします。
BSEの関係で、骨付きが手に入りにくくなったので、ぶつ切りのすね肉を使い、野菜もたっぷり使って家庭料理っぽくしました。
白ワインでひと晩マリネするのがポイント。
そして味のポイントは、アンチョビーとレモン。
アンチョビーは、もちろん手作りを使います。
あとはただコトコト気長に煮ればいのです。
コクと清涼感を演出します。
 ■材料(4人分)

牛すね肉・・・・・・・・・400g
●マリネ用
白ワイン(辛口)・・・・・100cc
塩、コショウ・・・・・・・少々
野菜くず(ニンジン、タマネギ、セロリの葉、ニンニク)
      ・・・・・・・適量
ローリエ・・・・・・・・・1枚

A
ニンニク・・・・・・・・・1片
イタリアンパセリ・・・・・4枝
アンチョビフィレ・・・・・4枚
すりおろしたレモンの皮・・1/4個分

小麦粉・・・・・・・・・・少々
バター・・・・・・・・・・40g
ローリエ・・・・・・・・・1枚
ニンニク・・・・・・・・・2片
ニンジン・・・・・・・・・1本
タマネギ・・・・・・・・・1/2個
セロリ・・・・・・・・・・1本
マッシュルーム・・・・・・18個
エリンギ・・・・・・・・・1本
ホールトマト・・・・・・・1缶
白ワイン(辛口)・・・・・50cc
スープキューブ・・・・・・2個
塩・コショウ・・・・・・・各少々

 ■作り方
●下ごしらえ
1. 牛すね肉をマリネしてひと晩置く。
●煮る 
1. ニンニクはつぶし、ニンジン、セロリ、タマネギ、マッシュルーム、エリンギをひと口大に切る。
2. すね肉に小麦粉をつけて、バターで焼く。焼き目がついたら野菜類を入れて炒める。
3. 野菜がしんなりしてきたら、白ワインを注ぐ。
4. ホールトマト、スープキューブを加えてフタをし、肉が軟らかくなるまで弱火でじっくり煮込む。  
5. 柔らかくなり、汁が絡みつく様になったら、Aの材料のレモンの皮以外を全てみじん切りにして加える。
6.  レモンの皮をすりおろしたものを加え香りを付ける。
7. 塩、コショウで味を調え完成。
 ▲メモ
●白ワインでマリネして爽やかに。アンチョビーを入れることで、コクがぐんと出ます。そしてレモンフレーバーの爽やかなこと。牛肉の煮込み料理は、ともするとこってりとしすぎますが、この料理は、爽やかです。パスタやシンプルなピラフなどを添えるといいです。きっとスプーンとフォークが止まりません。牛すね肉ではなく、牛こまでも気軽に美味しくできます。神経質にならずに大らかに煮込むと美味しくできます。

HOME ABOUT ME(プロフィール) CONTACT(お問い合わせ・メール) CAPINO LINK

■お問い合わせ、ご感想,取材のお申し込みなどはCONTACTから林 盛幸へメールでお願いします。
MORI MORI KIDS(トレッキング・フォトレポート・横浜中華街のレポート・キノコ狩りと料理も)ものぞいてみてください。
■ブラジル旅行記、ブラジルやアマゾンのグルメについては、危機一髪抱腹絶倒のフォトエッセイ「AMAZON.JP」をご覧ください。

■ページのトップへ               08.04.2003(C) CAPINO in Nagano & Tokyo Japan
Ads by TOK2