アケビのブルーチーズ入りミソバーグ
■MORI MORI RECIPE/日本料理/ソテー/豚ひき肉/山菜/アケビ/信州味噌/ブルーチーズ/新信州郷土料理

信州の里山では、秋になるとアケビが実を付けます。紫色の実は、遠目からもよく目立ちます。子供の頃、中の種だらけの白い果肉を食べた方もいるでしょう。
今回は、妻女山できのこ狩りのついでにもいだアケビの皮を使ってハンバーグを作りました。アケビの皮は、苦味があるので味噌や油とよく合います。ひき肉詰めフライやソテーは、郷土料理を出す小料理屋などで供されますが、このレシピは味噌風味にブルーチーズを合わせたところが、まさにミソです。ミソとブルーチーズのはんなりとしたコクのある香りが漂ってきて食欲をそそります。
 ■材料(4人分)
アケビ・・・・・・・・・・2個
●具
豚ひき肉・・・・・・・・・300g
タマネギ・・・・・・・・・1/4個
卵・・・・・・・・・・・・1個
ダナブルー・・・・・・・・10g
信州味噌・・・・・・・・・大さじ1と1/2
ニンニク醤油・・・・・・・小さじ1
味醂・・・・・・・・・・・小さじ1
出汁粉・・・・・・・・・・小さじ1
コショウ・・・・・・・・・少々

酢・・・・・・・・・・・・小さじ1
小麦粉・・・・・・・・・・少々

酒・・・・・・・・・・・・大さじ4
焼き油・・・・・・・・・・大さじ1
●アケビです。漢字では通草と書きます。果肉はそのまま食べてもいいし、裏ごししてお菓子作りにも。
 ■作り方
●下準備
1. アケビを二つに切り種を取り出す。
2. ボウルにアケビを入れ酢水で30分ほど晒してアクを取る。
3. 別のボウルに具の材料を入れ、よくこねてねかせておく。
4. アケビを取りだし水気をきって内側に小麦粉を薄くはたく。
5. 3を四等分し、丸めてアケビの内側につけ、小判形にして中央をややへこませる。
6. フライパンに油をしき、火にかけ、肉の面から焼き目をつける。
7. 焼き目がある程度ついたら、ひっくり返し、皮の部分を焼く。
8. 皮を焼いたらもう一度ひっくり返し、酒を入れてフタをして弱火で20分間蒸し焼きにする。
9. フタを取って焼け具合を確かめ、焼けていたら皿に盛り、残りの煮汁を少し煮詰めてハンバーグにかける。
 ▲メモ
●もっとコクが欲しいときは、最後にバターを加えたり、ソースに生クリームとミソを加えてもいいでしょう。ブルーチーズが好きな方は、ソースに加えてもOK。豚ひき肉は、合い挽きでも鶏ひき肉でもお好みで。鹿や鴨などジビエを使うともっと野趣豊かになります。

HOME ABOUT ME(プロフィール) CONTACT(お問い合わせ・メール) CAPINO LINK

■お問い合わせ、ご感想,取材のお申し込みなどはCONTACTから林 盛幸へメールでお願いします。
MORI MORI KIDS(トレッキング・フォトレポート・横浜中華街のレポート・キノコ狩りと料理も)ものぞいてみてください。
■ブラジル旅行記、ブラジルやアマゾンのグルメについては、危機一髪抱腹絶倒のフォトエッセイ「AMAZON.JP」をご覧ください。

■ページのトップへ               08.04.2003(C) CAPINO in Nagano & Tokyo Japan
Ads by TOK2