大姥山(金時山) その1 2014.10.19
 10月19日(日)、山仲間と春秋に行っている恒例のトレッキング。今回は、金太郎伝説の ある大町市八坂(旧八坂村)の大姥山(1003m)に登りました。金太郎の出生地は五ヶ所ほどあるそうですが、この大姥山(おおうばやま・おおばやま)も そのひとつで、金時山ともいいます。標高が、1006.4mと1003mと書いてあるものがありますが、所謂アンテナと四阿のある山頂が1003mで、そ の600m西の三角点の場所(左右前山城跡)が1006.4mなのです。

 国土地理院の三角点は、必ずしも地元の人が昔から言う山頂にはないということです。北面はすぐ牧場があるほどなだらかなのに、南面は絶壁の対照的な地形が魅力の歴史ある里山です。
 ルートは、山姥の滝を起点として、廃道になっている遊歩道を使ってループコースを組みました。この廃道は、なんとか再生して欲しいですね。

■星印のある写真をクリックすると拡大します。

■今回のコース
山姥の滝--上上篭(かみあげろ)の廃屋--廃道の遊歩道--大姥神社参道--大姥神社---大穴分岐--大穴-大穴分岐--大姥山(金時山)1003m--三角点--石祠--上のベンチ--下のベンチ--布川峠分岐--六地蔵--神社--廃屋--山姥の滝
■全行程:約5時間・休憩を含む 気温:7度〜-21度 標高差:約460m
■登山地図にないコースがあります。★二万五千分の一地形図必須・季節によって熊・オオスズメバチ対策も必要です。 
  鎖場が続くので、三点確保などの基本ができていることが必須のコースです。


●9:23 山姥の滝の駐車場を出発。日本中を大きな高気圧がすっぽりと覆い、風もなく穏やかな朝です。

●山姥の滝。

●上上篭(かみあげろう)の廃屋に向けて下っていきます。
 
●案内看板。★廃道の説明を書き加えました。
●帰りに歩く尾根が、遥か上に見えます。
 
●帰りに下りてくる分岐。大姥山まで4キロの標識。

●マムシグサ。誤ってこの赤い実を食べると口中がただれます。根はテンナンショウといって漢方薬の原料。
 
●9:39 廃屋横の廃道になった遊歩道を登ります。昔は、畑仕事や山仕事に使った道なのでしょう。大姥神社の参道でもあったのでしょう。幟旗を立てたのでしょうか。石柱がありました。

●つづら折れの道を登っていきます。
 
●道は左手に行っていますが、酷い草ヤブなので、正面の小尾根に乗りました。稜線を左へ。

●小尾根を登ります。開けた場所から、大姥山の山頂のアンテナが見えました。左は耕作放棄地の様です。★この星印のカットは、写真をクリックすると拡大します。

●檜林を進むと、左から山道が合流。登り口にあった様な石柱もあります。間違いなく昔の参道ですね。

●道は竹林へと続いています。薄暗く鬱蒼としています。
 
●竹林を抜けると気持ちのいい山道。尾根を回って。

●葉の感じからするとリュウノウギク(龍脳菊)でしょうか。
 
●10:00 大姥神社参道に出ました。廃屋から約20分。

●向こうから来ました。標識は消されています。
 
●駐車場とトイレ。★金太郎の説明看板

●木漏れ日の参道を登ります。
 
●クサギの実。

●10:12 大姥神社鳥居。

●大姥神社に参拝。

●御神鏡は入っていませんが、水煙の枠があります。5月3日に例大祭が行われ、獅子舞が奉納されるそうです。
 
●これは昔、花火を打ち上げた大筒でしょうか。後ろの壁の落書(らくしょ)は、大正時代とか古いものばかりでした。

●神社の裏手から本格的な登山道が始まります。
 
●オケラ。山で美味いはオケラにトトキ。

●まだ色づいていない森を進むと・・。
 
●足元注意の看板。

●早速ひとつめの鎖場。ここは三点確保で登れます。
 
●登るとガンゲという場所へ。意味は不明。中秋玩月が省略されて転訛したものでしょうか。あるいは権化の転訛か。

●振り返ると、たらら山と、左奥へ続く聖山が。

●帰りに下りてくる大姥の散歩道方面。

●二つ目の鎖場。ヤセ尾根で、両側は急斜面。
 
●10:36 ベンチで小休止。工程が短くすぐに山頂になってしまうので、ゆっくり楽しみながら登ります。

●三つ目の鎖場。
 
●ヤセ尾根なので気が抜けません。

●ほい!鎖場。
 
●標高が上がるに連れて紅葉がちらほらと。

●ホッとする尾根道。
 
●10:50 枯れ木が掛かり木となった自然のアーチ。

●樹齢100年を超えるような立派な赤松が何本も現れます。

●ミツバツツジやヒカゲツツジも。

●逆光に透けて美しい、ハウチワカエデの紅葉。
 
●ハウチワカエデにコハウチワカエデ、コシアブラ、ウルシが色づいていました。

●11:00 5分ほど小休止の後、ザックをデポして大穴分岐を大穴へと向かいます。この道が細く枯れ葉が滑るのでなかなか大変でした。
 
●鎖場を登ると・・。

●11:10 山姥と金太郎が住んでいたという洞窟。
 
●大きな空間です。下は砂地。

●金太郎の足跡ではなく、海水に因る浸食でしょう。
 
●ノートに記帳して戻ります。★山姥の伝説とは・・
▼大姥山(金時山) その2へ NEXT PAGE
    ▲to page top
MORI MORI KIDS ■MORI MORI KIDS Nature Photograph GalleryI ■CAPINO CAPINO(C) in Tokyo Japan since 08.04.2003
Ads by TOK2