大林山(氷沢山) その1 2014.5.4
 5月4日(日)、山仲間と春秋に行っている恒例のトレッキング。今回は、上田市、筑北村、千曲市、坂城町に跨る山体の大きな大林山です。2010年の12月30日に息子達と積雪の中を登ったの ですが、滑る急登は大変なものでした。しかも山頂で昼食中に見る見るうちに雪になり、このままでは遭難すると急遽下山。今回は、それのリベンジも兼ねてい るので、長男も参加しました。当日は、天候に恵まれ山頂でもほとんど無風だったため、快適なトレッキングができました。

 戸倉上山田温泉街を抜け、55号線を坂上トンネル方面へ上り、現在は通行止めの四十八曲峠への旧道ゲートに駐車。万が一山林所有者が作業に来るといけないので、車一台分の幅を空けました。
 山頂は、ほぼ360度の大展望。北アルプスのスカイラインが見事です。地味な山ですが、じわじわと人気があるのも、この大展望が知られてきたからでしょうか。
■星印のある写真をクリックすると拡大します。

■今回のコース
県道55号線旧道ゲート--旧道--33号カーブ--尾根急登--岩井堂山(自在山)コース---電波反射板--九竜山--大林山(氷沢山)1333.0m--八頭山の尾根--ぽんぽんの平分岐--37号カーブ--旧道--県道55号線旧道ゲート
■全行程:約6時間15分・休憩を含む 気温:14度〜-20度 標高差:約550m
■登山地図にないコースがあります。★二万五千分の一地形図必須・季節によって熊・オオスズメバチ対策も必要。


●9:00 県道55号線の旧道ゲート前に駐車。後方は冠着山(1252.2m)と正城山城跡(893m)。

●9:14 ゲートを出発。山林作業の車が入るかもしれないので、右側は空けておきました。

●カスミザクラやヤマザクラの咲く旧道を歩きます。
 
●9:21 33号カーブから左のヒノキの植林地へ取り付きます。
●心臓破りのとんでもない急登は15分ぐらい。
 
●植林地が終わると気持ちのいい自然林。ここも急登ですが、尾根の高みを外さなければ迷うことはありません。

●コシアブラを発見。まだ小さめです。豪雪があったためか、春が遅い感じです。
 
●一本だけオオカメノキ(ムシカリ)が純白の花を咲かせていて、目を楽しませてくれました。

●尾根はもうすぐ。
 
●キブシの花の下にカタクリが咲いていました。

●9:52 岩井堂山(自在山)コースに出ました。

●9:56 ここで一旦50mほど下って中部電力の電波反射板へ。

●根子岳、四阿山が見えます。
 
●ここで山菜狩り。タラノメがそこそこ採れました。

●タラノメ。コシアブラに比べると放射能汚染は低いようです。
 
●山菜を採って九竜山方面へ尾根を登ります。

●ここも尾根の高みを外さなければ迷うことはありません。
 
●タチツボスミレ。

●思いの外芽吹きは遅れていました。
 
●三角の岩井堂山(自在山)。松茸山なので、基本的に秋は登れません。

●この標識は、坂城町が作ったもの。風越経由で室賀峠へ。

●そこそこ標高があるので、南面にもシラカバがあります。

●ミヤマエンレイソウ。
 
●10:46 九竜山 1,168mとあるのですが、どう見ても山頂じゃないですが、東山麓の出浦川の沢奥に九頭竜権現が祀られており、それ故の山名といわれています。

●猛毒のヤマトリカブト。秋に鳥兜状の紫の高貴花が咲きます。
 
●尾根には連綿とカタクリが咲いています。★この星印のカットは、写真をクリックすると拡大します。

●ウスバサイシン。
 
●二人で咲いているヒトリシズカ。

●急登と緩斜面が交互に表れます。
 
●8合目。かなり古いですね。

●古いガイドロープが木に食い込んでいたので、いくつか結び直しました。木が成長することを全く考慮しない結び方です。木を知っている人はこういう結び方はしません。

●山頂に近い尾根の肩に乗りました。

●左手に山頂。ここは展望がいいです。
 
●ちょっと木に隠れていますが、常念岳が見えます。

●11:17 大林山山頂。
 
●やや霞んでいますが、北アルプスのスカイラインが美しい。

●常念から白馬三山まで大パノラマが広がります★大パノラマ

●南面は、蓼科山と八ヶ岳連峰。★望遠アップ
 
●北は飯縄山、戸隠連峰、妙高、火打山。★パノラマ

●西南は、美ヶ原。
 
●山頂から見える山々。

●山頂にはキジムシロがあちこちに。

●さて、お待ちかねの大宴会の始まり。

●予め私が用意してきた山菜と、途中で採ってきた山菜。コシアブラ、ワラビ、椎茸、タラの芽、カタクリの葉、コシアブラ、ハリギリ、ウド。とても食べきれないので、お土産に持ち帰ってもらいました。
 
●天ぷらを岩塩で頂くのですが、揚げるそばから消えていきます。山菜は、極力放射能汚染の少ないところで採取したものです。

●鹿肉のソテー、ビール煮。私のアイデアでビールをいれたら、柔らかくふっくらとしました。美味でした。
 
●13:23 なんと2時間余りの大宴会でした。皆少々食べ過ぎたようです。

●重い胃袋を抱えて下山。
 
●地味にきつい登り返し。

●ミヤマエンレイソウ。
 
●大林山北面を、八頭山方面へトラバース。
▼大林山(氷沢山) その2へ NEXT PAGE
    ▲to page top

MORI MORI KIDS ■MORI MORI KIDS Nature Photograph GalleryI ■CAPINO CAPINO(C) in Tokyo Japan since 08.04.2003
Ads by TOK2