タカネナデシコ 2012.8.7
●タカネナデシコ(高嶺撫子:Dianthus superbus var. speciosus)ナデシコ科ナデシコ属。
ナデシコは、「万葉集」の山上憶良の秋の七草の歌の中に、中国から渡来した瞿麦之花(くばくのはな)として登場します。しかし別種で、撫子と言われるようになったとか。子供をなでるように愛らしい花という意味でしょうか。ナデシコの別名は、ヤマトナデシコ(大和撫子)、カワラナデシコ(河原撫子)で、その高山型。背が低く、色が濃いのが特徴。とても日本人好みの花だと思います。ナデシコといえば、W杯で世界一、ロンドン五輪で銀メダルになったナデシコジャパン。大和撫子のイメージを優しいだけなく逞しいイメージに変えてくれました。

MORI MORI KIDS ■MORI MORI KIDS Nature Photograph GalleryI ■CAPINO(C) in Nagano Japan since 08.04.2003
Ads by TOK2