アミガサユリ 2012.4.29
●アミガサユリ(編笠百合)・バイモ(貝母)ユリ科バイモ(フリティラリア)属 。中国原産。球茎を薬用にしたり、観賞用に栽培される多年草。園芸種も多い。葉の先がくるりと丸まるのが特徴です。享保(1716-1736)年間に中国から薬用植物として入ってきた花です。貝母と書くのは、球根が二枚貝に似ているからとか。咳止め、解熱、去痰の効能があるそうです。花後は、地上部が枯れてなくなってしまうので、時期を外すとお目にかかれない植物です。カタクリやセツブンソウなどと同じく、スプリング・エフェメラル(Spring ephemeral)、春の妖精・春の儚い命のひとつです。

MORI MORI KIDS ■MORI MORI KIDS Nature Photograph GalleryI ■CAPINO(C) in Tokyo Japan since 08.04.2003
Ads by TOK2