鞍骨山 その1 2012.4.29
 4月29日(日)、旧友5人集、春秋恒例のトレッキング。今回は妻女山(旧赤坂山)から斎場山(旧妻女山)へ。さらに陣場平から堂平大塚古墳へ。そこから天城山経由で鞍骨城跡へ、最後は象山へ下りるという、歴史と自然を満喫する企画。武田別働隊や、上杉景勝、直江兼続も登ったかもしれぬ古道も辿り、途中にある古墳もたくさん訪れようとルートを設定しました。
 


 鞍骨城跡の本郭では、途中で集めた山菜を天ぷらにして堪能。ピーカンの空は花曇りになり、北アルプスは霞みましたが、うららかな昼の宴となりました。帰路は象山神社に寄り、秘湯・加賀井温泉一陽館へ。疲れを癒してから打ち上げ会場へと向かいました。私が説明した古代科野国と川中島合戦の話が、皆の記憶に残っているかは定かではありません・・。

■星印のある写真をクリックすると拡大します。

■今回のコース
上杉謙信槍尻の泉--妻女山(441m)--斎場山(513m)--陣場平(530m)--堂平大塚古墳--天城山(694.6m)--二本松峠--鞍骨山(798m)--稜線出合(825m)--越山巻き道--象山(475.8m)--象山神社
■標高差:約474m ■気温:19〜28度
★季節によっては、熊・猪・スズメバチ・マムシ対策も。冬の狩猟期は、猪狩りのハンターが入ります。
国土地理院の地形図は必携です


●8:50 上信越自動車道薬師山トンネル横から出発。

●上杉謙信槍尻の泉。上杉謙信槍尻之泉の新事実(霊水騒動と泉が移動した事実)

●気温はすでに20度を越えている感じ。暑くなりそう。
 
●シナノタンポポ。

●妻女山展望台へ。川中島八景のひとつ「妻女山秋月」。信州サンセットポイント百選にも。
 
●眼下に川中島。遠くに戸隠連峰と飯縄山。看板の絵地図は山の形と位置がかなりいい加減です。

●弘化4年(1847)の善光寺地震の供養塔。嘉永二年(1849)建立。文は、松代長国寺住職、圭白師。
 
妻女山(赤坂山)松代招魂社へ。松代藩(藩主真田幸民)が、1868(明治元)年の戊辰戦争で政府軍として、幕軍と戦ったときの戦没者を祭った社で明治2年建立です。瓦には真田の六文銭の紋。

●「しら雲に 果てはつつみて 花深し」鸞生(らんせい)文化七年中沢村生 明治五年没。
 
●駐車場奥から右の林道へ。

●山桜が花の盛り。

●落葉松林。

●薮漕ぎして山菜をゲット。
 
●9:43 斎場山(旧妻女山)。山頂は円墳なので平。ここに上杉謙信が床几を据えて、海津城をはじめ武田方の動静を望見したと伝えられていて、地元では古くから「床几塚・謙信台」などとも呼ばれています。

●イノシシの大きなヌタ場(泥浴び場)。
 
●陣場平へ。第四次川中島合戦の折りに上杉軍が陣城を築いた高原といわれており、『甲陽軍鑑』の編者といわれる小幡景憲彩色の『河中島合戰圖』(狩野文庫)には、この辺りに上杉謙信の七棟の陣小屋が描かれています。

●アミガサユリ(編笠百合) を撮影。中国原産で、バイモ(貝母)ともいいます。
 
●昔は、薬草畑でした。野生動物がよく訪れる場所で、日本羚羊、野ウサギ、本土テン、猪などがいます。稀に熊も出没。

●薬草畑だったものが野生化したもの。
 
●薮で絶滅しそうだったのを刈り払いして復活。

●葉の先が丸まって互いにからみ合い、春の強風から身を守っています。

●内側だけが編笠模様の地味な慎ましい花。

●編笠百合と姫踊子草。
 
●ヒメオドリコソウにトラマルハナバチ。

●堂平大塚古墳へ。
 
●10:23 堂平大塚古墳。ちょうど持ち主のKさんがいたので、ログハウスで一服。

●古墳から北アルプスの眺め。
 
●10:35 天城山(てしろやま)へ。

●ニワトコの花。
 


●薮の中で山菜採り。


●通好みのハリギリ。

●カタクリ。

●残花。
 
●天城山と倉科尾根への分岐。

●日本羚羊の角研ぎ痕。
 
●11:11 天城山山頂。てしろやまと読み、昔は手城山と書きました。

●頂上には坂山古墳がありますが、戦国時代に天城城として使われたためか壊されています。
 
●二本松峠。鏡台山6キロの標識。右は倉科、左は清野。この道は清野街道といって松代と森を結ぶ重要な道でした。倉科側は整備されていますが、清野側は不明瞭です。

●深い堀切。駒止めと呼ばれる防御の空掘。
 
●鞍骨山が目の前に。

●鉄塔を通過すると・・。

●二条の堀切。

●眼前に鞍骨城跡。馬場跡ともいわれる細長い削平地が両側に。
 
●猛毒のヤマトリカブトの群生地。

●ここまで大きくなるとニリンソウと間違えることはないでしょう。
 
●カタクリの群生も。

●日本に200種以上あるアリ散布植物のひとつ。
 
●11:41 鞍骨城跡の麓へ。


●鞍骨城跡へ約50mの急登。

 
●城跡の石を崩さないように。
▼鞍骨山 その2へ NEXT PAGE
    ▲to page top

MORI MORI KIDS ■MORI MORI KIDS Nature Photograph GalleryI ■CAPINO(C) in Tokyo Japan since 08.04.2003
Ads by TOK2