葛尾城跡・五里ケ峯 その2 2011.2.6

●あんずの里・森方面。戸隠は全く見えません。

●しばらくすると、薄らと鹿島槍ヶ岳!?

●眼下には千曲川畔に戸倉上山田温泉街。
 
●姥捨の棚田と千曲川。

●暮れに登った大林山から冠着山、三峯山、聖山のパノラマ。

●冠着山から三峯山。麓に姥捨山。

●冠着山。
 
●日当たりがいいのに雪が残る山頂(1094.4m)。

●なんとなく北アルプスの稜線が見えるかな…。
 
●上空は晴れてきたのですが。

●12:30 出発。4人登ってきました
 
●山頂直下にスカシダワラ。クスサンの繭です。

●中はもちろん空っぽです。

●鏡台山方面へも踏み跡が。

●山頂の台地は20センチぐらい雪がありました。
 
●真っ赤な冬芽。

●枝も赤々と。
 
●芽吹きまではまだひと月以上あります。

●ウリカエデの冬芽か。
 
●ウリカエデとウリハダカエデは、とてもよく似ていて、幼木の場合は特に見分けが難しい。葉がでるとすぐに分かるのですが‥。

●伸びやかな若木。
 
●ケヤキ。

●落葉松林にアベマキ。

●落葉松林。秋には時候坊がたくさん出そうです。

●平坦部には無数の動物の足跡が。
 
●アニマルトラッキング。ニホンカモシカとノウサギか。

●白樺。
 
●足跡が多すぎる? まさかニホンジカ?

●コブシの冬芽。
 
●幹から横に出てクイッと上を向く特徴的な枝振り。

●日ざしで弛んだ雪がシャーベット状になり滑ります。
 
●アカマツの松ぼっくり。

●和平高原と鳩ケ峯方面。

●鉄塔通過。

●鋭い刺のあるヤマガシュウ。これが登山道に繁茂すると通れなくなります。
 
●北山林道終点の案内看板。葛尾城跡の構造や歴史がよく分かります。

●林道終点から見る鏡台山。
 
●電話ボックスを通過。

●やせ尾根へ。
 
●後背の門があったのか、アーチ形の石積。

●ずいぶん雪が消えました。
 
●岩を穿ったような堀切。

●階段の雪も消えました。

●いくつかの郭と堀切を超えて。

●最後にそびえる本郭への深い堀切。
 
●右手から登ります。

●堀切の底から北側。
 
●これを越えると本郭手前の最後の郭になります。

●本郭が見えました。
 
●1:28 葛尾城跡。

●振り返って五里ヶ峯と鏡台山。
▼葛尾城跡・五里ケ峯 その3へ NEXT PAGE
    ▲to page top

MORI MORI KIDS ■MORI MORI KIDS Nature Photograph GalleryI ■CAPINO CAPINO(C) in Tokyo Japan since 08.04.2003
Ads by TOK2